静風徒然ブログ

心の赴くままに、鳥のように、虚無の世界!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家康と一節切尺八

2008-02-13 08:13:47 | Weblog
一節切といえばすぐ一休禅師を思い出すが、
戦国武将は皆、一節切を家宝、城宝としていた。
織田信長も、徳川家康も、武田信玄も

武田信玄は野田城で村松芳林(芳休とも)の吹く一節切の音色に魅せられ、
陥落寸前の城を前に床机をだして笛の音に聞き入っていて、
場内からの鉄砲の弾を受け、その傷がもとで、命を失なう破目に陥った、されている。
まさに一節切が日本の歴史を変えた事件だった。
今も信玄の愛した一節切が静岡県沼津の耕雲寺に寺宝として残されている。

また家康は北条陥落のとき、北条家の末裔、香沼姫に
「北条玄庵遺品の一節切」を差し出せば、北条家を再興させてやると
提案したというエピソードもあるくらい、一節切に執着した。

実は私も一節切を1管、秘蔵品として大事に保管している。
銘は「西?湖」、随分古そうだ。購入価格は50万円。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 二胡弾き虚無僧(その4) | トップ | 長簫を吹いた魏之炎 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (Michal)
2010-02-13 20:39:41
May you tell me about tuning the Hitoyogiri please?
Thank you
Michal
about tuning (静風)
2010-02-13 22:16:09
about tuning is from under
A→ C→ D→ F→ G→ A

Weblog」カテゴリの最新記事