あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青天の霹靂/劇団ひとり

2014-07-03 15:24:39 | 


学歴もなければ、金もなく、恋人もいない35歳の晴夫。
一流マジシャンを目指したはずが、17年間場末のマジックバーから
抜け出すことができない。
そんなある日、テレビ番組のオーディションではじめて将来への希望を抱く。
だが、警察からの思いもかけない電話で、晴夫の運命が、突如、大きく舵を切る――。
人生の奇跡を瑞々しく描く長編小説。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2014 7/3 読了
先に映画を見て、めっちゃ感動してこの原作本を読んだのですが、
正直、映画ほどの感動は得られませんでした。
こっちを先に読んでれば良かったんでしょうけど、設定や登場人物
夫婦や親子の描き方も違う箇所があったので、何だか戸惑っちゃいました。
願わくば、映画のストーリーをなぞったシナリオ本的なものを
発売してほしいなと・・・

人気ブログランキングバナー

コメント   この記事についてブログを書く
« 7月2日(水)のつぶやき | トップ | 7月3日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事