あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

おやじの背中 第5話:ドブコ・父さんは悪役スター/木皿泉

2014-08-10 23:01:14 | 2014夏ドラマ
泣き過ぎっ!(*∇)ウフフフフ

お芝居なのに、あんなに泣いちゃって・・・
ドブコの結婚式の際にはもう号泣も号泣!立っていられないほどの状況になりそう

悪役専門の俳優で、任侠映画でのドブネズミと呼ばれる役が当たり役だった父のせいで
小学校時代にドブコというあだ名で呼ばれるようになった三冬。

このタイトルを知った際に、ドブコってどうゆう意味なんだろうと不思議だったんだけど
こうゆう事だったんだ~!

警察官であるドブコは、強面の父の顔で慣れてるせいか、人相悪い違反者だろうが
平気であしらっとる(笑)

だけどドブコ偉いな。普通は父のせいでそんなあだ名付けられたりしたら
腐ったり父を恨みに思いそうなもんだけど、そうでもなさそうだし、
勝の婚約者から結婚式に出る事も親友でいる事も禁止されても、
案外あっさり受け入れてるし・・・

それって父同様、ドブコも切られ役体質がしみついてしまったのかな?
人に嫌われたくなくて言いたい事を我慢してきたって言ってたし・・・

そんなドブコにチャチャを入れる父の方こそ、娘に拒絶されるのを恐れて
ある時から急に一緒にお風呂に入る事を拒否した父・・・

もしも娘の方から言われた日にゃぁ、それは後からバッサリ切り付けられるような
ものだからと、自分から娘を切ったと表現する父。

もぉ、父も娘の事大好きだし、娘もお父さんの事大好きじゃん!!!

切られ役ゆえ、殺されても殺されても元気に帰宅する父だったけど、
そんな父が倒れて入院したり、勝からの絶交宣言を受け、生きてる限り人はいつか死ぬし
変わるのが嫌だって怖がってても、生きてる限り変わっていくもの・・・

そう自覚したドブコは、勝に決闘を申し込み、負けたら結婚式に出る事を
諦めると・・・結果、負けてしまったけど、勝の婚約者と初めて対面した際にも
言いたい事言えてたし、偶然現れた父のおかげというか、婚約者の母がドブネズミの
ファンだって事で仲良くなれたっぽい(笑)

てか今はただの幼馴染みだけど、ある時期までドブコも勝もお互いの事好きだったんだねー。

悪役専門俳優とか言いながらも、家族思いのめっちゃ優しいエンケン父さん。
そしてそんな父に時に悪態つきながらも仲良し親子を演じた堀北真希ちゃんの
組み合わせ、良かったわぁ~
薬師丸さん演じるお母さんも、お父さん思いのいい妻でした~

さすが木皿作品、あたたかくてちょっぴり切ないホッコリするいい話

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
テロップに小柳友くんの名前見つけたけど、どこに出てたっけ・・・
で、確かめたらオオアリクイXをやっつける役の人でした

第1話 第2話 第3話 第4話
人気ブログランキングバナー
***************************************************************************
出演:丸井三冬***堀北真希 丸井正***遠藤憲一
佐々木勝***溝端淳平 静香***谷村美月 丸井弓子***薬師丸ひろ子
公式HPはこちら
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 8月9日(土)のつぶやき | トップ | 8月10日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2014夏ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

おやじの背中 #05 (ぐ~たらにっき)
『ドブコ』
おやじの背中 第五話 (レベル999のgoo部屋)
『ドブコ』 「ドブコ・父さんは悪役スター」 内容 その日も、警察官の丸井三冬(堀北真希)は、同僚の佐々木勝(溝端淳平)と トラックを追いかけていた。。。 強面の運転手(赤星昇一郎)であっても、毅然と振る舞う三冬 あいかわらずの三冬に勝は、“ドブコは凄い”。...
日曜劇場【 おやじの背中 】第5話 『ドブコ』 感想 木皿泉×堀北真希×遠藤憲一 の回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
何でかな。 何で私がいいって思うことは、ずっとずっと続かないのかな。 そりゃお前、生きてるからだよ。 ずーっと子供のままじゃいれないし、人はいずれ死ぬようにできてる。 変わってくんだよ。俺もお前も。 勝も勝と結婚する奴も。 ここに住んでる奴みんなそ...
おやじの背中 (第5話・8/10) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビ系『おやじの背中』(公式) 第5話『ドブコ』(脚本:木皿泉氏 / 演出:北川雅一氏)の感想。 三冬(堀北真希)の父親・正(遠藤憲一)は、悪役専門の役者。正の当たり役「ドブネズミ」にちなんで、小学生時代に三冬についたあだ名は「ドブコ」だった...
おやじの背中「ドブコ・父さんは悪役スター」 (のほほん便り)
世間的、評価は、分かれそうですが、個人的には萌え要素テンコ盛りな、愛すべき嬉しい作品でした。堀北真希、制服系(白衣を含む)似合いますよね~っ。彼女が府警さん、ってだけで、大ウケ。しかも、お父さんのエンケンさん(遠藤憲一)が、情にもろい、不器用な悪役スター...
おやじの背中(5) (Akira's VOICE)
第五話「ドブコ」 
おやじの背中 第5話 (ぷち丸くんの日常日記)
丸井三冬(堀北真希)は、悪役専門の役者・正(遠藤憲一)を父に持つ警察官で、交通違反のキップを切る時はとても潔いです。 一緒に警察官をやっている幼馴染の佐々木勝(溝端淳平)は、その様子にいつも感心するのでした。 いつものように三冬は勝とお昼を食べなが...
おやじの背中 第5話 (ドラマハンティングP2G)
第五話 ドブコ  2014年8月10日(日)よる9時放送 ラテ欄「ドブコ・父さんは悪役スター」 丸井三冬 (堀北真希) は悪役専門役者の 正 (遠藤憲一) を父に持つ女性警察官。父の当たり役がきっかけで、三冬は友人たちから 「ドブコ」 と呼ばれている。 ある日、三冬は幼な...
【おやじの背中】第5話感想と視聴率「ドブコ」 (ショコラの日記帳・別館)
「ドブコ」(脚本:木皿 泉) 新聞ラテ「ドブコ・父さんは悪役スター」 第5話の視
おやじの背中 「ドブコ」~斬られたら、地面に倒れて空を見上げよう (平成エンタメ研究所)
 木皿泉さんの脚本。  テーマは<斬られること>。  この<斬られること>を言い換えれば<失うこと>でしょうか?  人は何かを失って生きている。  たとえば、三冬(堀北真希)と勝(溝端淳平)の友人関係。  三冬は、勝から「フィアンセが嫌がるから友人関係を....
おやじの背中 第5話 (emitanの心にうつりゆくもの)
第5話 「ドブコ・父さんは悪役スター」 脚本は、木皿泉さん。 主演は、堀北真希さん、遠藤憲一さん。 ※これからも、感想を書きたくなる内容だった回は、こうして感想を書き残すことにしたいと思います。
最初は見上げて最後は見下ろすおやじの背中をミニスカポリス・夏服で追いかけちゃった。(堀北真希) (キッドのブログinココログ)
「日曜劇場」でオムニバスドラマである。 岡田惠和、坂元裕二、倉本聰、鎌田敏夫、木皿泉・・・凄腕の脚本家が・・・田村正和、役所広司、西田敏行、渡瀬恒彦、遠藤憲一・・・おやじ俳優たちの背中を追いかけていくわけである。 豪華絢爛なのである。 谷間の登場で・・・...