あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

Woman 最終話:こどもたちのこどもたちへ

2013-09-12 23:39:30 | 2013夏ドラマ
ま~どい~せん~♪(*´Д`)θ~♪ラララ

エンディングは今までのシーンのおさらいっぽい感じだったけど、当初は
生活苦でどうなる事やらと思ってた青柳家に、こんな団らんの日々が訪れるとは・・・

小春の入院はめちゃくちゃ長引いたようだけど、これって植杉家に同居してなかったら
どうなった事やら・・・

そうゆう意味では病気になったのは不幸な事だけど、家族が増えたという意味では
良かったのかな???

今回、入院に至るまでのシーンにめっちゃ一家団らんのシーンが描かれてて、
望海が「おかあさんのおかあさん」と呼んでた紗千の呼び名も、最後の方の日記では
「おばあちゃん」になってて微笑ましかった

ナマケモノさんの事も「おじいちゃん」て呼んであげてるのかな?
でないと、担任の先生じゃないけど、ペットだか何かと勘違いされちゃうよー

小春の入退院に関しては、詳細は明らかにせず、望海の絵日記で語らせ、それぞれの
視聴者の想像力に任せた演出となっていたけど、全体的にこのドラマは
多くを語らず、何となくのニュアンスで受け取ってね・・・てな展開が多かったような…

今回も栞がドナーとして適応したのかどうかも、セリフなしで語られてたけど、
それって演技力の高い役者さんを多用してたからこその演出だよなぁと思ったりした。

内容も、時には見せられてるシーンがどこに繋がってるのか、何を訴えたいのか
鈍いあたしにはわかりにくい部分もあったりしたし、栞の心情もイマイチ
良くわかんないまま終わったし、信さんのお母さんも結局生きてるのか亡くなってるのか
わかんなかったけど、一応はハッピーエンドで良かった・・・

信さんの、物語の終わりは子ども達が・・・てな話も何かいい話っぽいのはわかるし、
信さんが誠実な人だってーのは充分わかったけど、読み継がれていくという例えは
何だか唐突な気がして、ふぅ~ん・・・てな薄い反応しか出来なかった

てか、小春の病気って結局は完治したのかな?再発したりはしないのかな?

紗千と小春の親子関係が修復されたのは良かったけど、そうなると1人孤独に耐えてる栞が
可愛そうになったりもするし、ナマケモノさんが言ってた家屋敷を売って小春に謝罪するとかの
計画はどうなったのかなとか諸々思う事はあるけど、今後全てはいい方向にいくのかなと
希望を持たせてくれる終わり方だったような・・・

ともかくこのドラマは主役の満島さんをはじめ、田中裕子さんに二階堂さんに子役の梨央ちゃんと
世代は違えど、表現力のある俳優陣の魅力が満載でストーリーうんぬんより
役者さんの演技に泣かされた作品でしたわー。

砂川夫妻の離婚・・・あれもイマイチ何が言いたいのか良くわかんなかったけど
美月ちゃんが子持ちの役をねぇ・・・と感慨深いものがあったヨ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
夕べリアタイで見たには見たけど、途中で睡魔に襲われダウン・・・
目が覚めて、再度見直したものの、見終わったらバタンキュー
で、感想アップが遅くなっちゃったんだけど・・・
見終わった勢いで描けばもっと絶賛してたし、言いたい事もたくさんあったような
気がするけど、一晩経ったら何か冷めちゃってる・・・勢いって大事(笑)

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 ×第7話 第8話 第9話 第10話
人気ブログランキングバナー
***************************************************************************
出演:青柳小春(27)***満島ひかり 植杉紗千(56)***田中裕子
青柳信(没31)***小栗旬 砂川藍子(25)***谷村美月 植杉栞(19)***二階堂ふみ
砂川良祐(26)***三浦貴大 蒲田由季(26)***臼田あさ美
澤村友吾(35)***高橋一生 青柳望海(6)***鈴木梨央 青柳陸(3)***橋來
植杉健太郎(58)***小林薫
公式HPはこちら
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 9月11日(水)のつぶやき | トップ | 9月12日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エリ)
2013-09-15 16:55:13
まこちゃま~終わりましたね~。

ナマケモノさんが何かの動物になってたのは
爆笑でしたけど、この人のおかげで
緊張感がほっとゆるんだのよね。

小春の病気や栞の自立(?)、
補償も、信さんのニュースも
問題は何も終わってないけれど
とりあえず小春がこちら側にもどってきたから
おいおいと解決していくのかもしれないですね。
何よりも望海ちゃんが大好きな庭を楽しめるのが
良かったなあって感じでおわりました。
役者さんたちの競演が素晴らしかったですね。
秀作でした。

コメントを投稿

2013夏ドラマ」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

Woman #11 最終回 (ぐ~たらにっき)
『こどもたちのこどもたちへ』
乾いた博物館と匂う動物園と試供品のワインと台風9号と永遠の絵日記とWoman(高橋一生) (キッドのブログinココログ)
満島ひかりじゃないのか・・・小栗旬も捨てがたく、?橋來とか三浦貴大もあって・・・もう・・・笑いながらひっくりかえった澤村先生(高橋一生)が世界の中心にいたかなって思いまして。 ま・・・ささいなことだけどな。 さて・・・田中裕子という女優を軸にすれば・・・「M...
ドラマ「Woman」 第11話(最終回) あらすじ感想「こどもたちのこどもたちへ」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
生きる意味とは--------------!!? 最終回でも、この作品の流れは変わらない。 なんだろうなぁ。 本当この作品の中で流れる時間は緩やかだ。 望海のものなのに、お母さんがよく使うものとは? なぁんてなぞなぞを出す望海。 うん。 これは一緒になって考え....
【Woman】 第11話 最終回 と総括感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
伝えてください。 「検査、受けてくれてありがとう」 「手術の時はよろしくお願いします」。 私の妹に伝えてください。 「あなたのおかげで生きられる」。 「あなたも生きてください」。 Woman...
Woman (第11話 最終回・9/11) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日テレ『Woman』(公式) 第11話 最終回『こどもたちのこどもたちへ』の感想。 暗いドラマが嫌いとか、そう言う話で無く… 最終回までの総括で。厳しき環境下で寄り添い生きるシングルマザー...
Woman最終回&ぴんとこな九話感想 (NelsonTouchBlog)
■Woman最終回 満島ひかり母子達、田中裕子、小林薫の団らんは、楽しそうで明るい雰囲気に満ちていた。そこには病気のことなんて微塵も感じられない。けど、電話が鳴るシーンがたびたびあって、それが結構ドキドキする。実は、二階堂ふみが満島に謝りにきたのだ。「・・...
「Woman」最終回 感想 (Kanataのお部屋へようこそ)
 栞がもし信をお兄さんと呼んでいたら、どうなっていたか。  想像で会話してみる小春と栞。  全然違う今があった。  でもそれは選ばれなかった。  「適合したら、その時だけ妹だと思って下さい。  お願いします。」と頭を下げる。
Woman(終) (ドラ☆カフェ)
こどもたちのこどもたちへ 視聴率は 16.4%・・・前回(14.0)より
『Woman』 最終回 (美容師は見た…)
エンドロールで流されるこれまでの映像を見てたら、色々ありましたね~('▽'*)。。oO人生のほんの一部って、こんな感じにハイスピードで流れてしまうものなのかも。死ぬ前に走馬灯を見るような瞬間?『Mother』の最終回を思い出してました。当時のレビューを読むと今でも...
【Woman】最終回(第11話)感想と最高視聴率で有終の美 (ショコラの日記帳・別館)
「こどもたちのこどもたちへ」 最終回(第11話)の視聴率は、前回の14.0%より
《Woman》#11(最終話) (まぁ、お茶でも)
新学期が始まった。望海は、学校へ行くので母の見送りを受けて、 行きかけて戻って来た。なぞなぞですと言った。 「望海のモノなのに、お母さんが良く使うものはなんなんでしょう。 帰ってくるまでに考えといてね」 新しい家族との生活が、親密度を増している日々だった。
「Woman」シングルマザーの現実の先に小春と子供のために信が繋いだ信じ合う親子と姉妹の切っても切れない絆 (オールマイティにコメンテート)
「Woman」最終話は小春のドナーと適合するか栞はドナー検査を受ける。ドナー検査を受けた栞に対して小春は当初は適合しても拒否する姿勢を示すがそれを信の遺品を見た小春が信が生 ...
Woman 第11話(最終回) (エリのささやき)
イメージを伝える手段として絵日記は優秀テクでした。そして今週のキーワードは「許す」こと。
映画並みの質と演技と (笑う社会人の生活)
ドラマ「Woman」を見ました。 日テレにて 水曜10時からやってました この枠、大人向けの作品が多いイメージですが 今回もまさに、そしてヘビーに 「Mather」のスタッフということですが そちらは見てないのでなんとも しかし、とにかく質の高さというか ...