エム・クルー ユニオン

エム・クルーで働く仲間のユニオンです。1人でも誰でも加入できます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

声明 在り方研報告・日雇い派遣規制等に関する派遣ユニオンの見解

2008-07-28 21:28:16 | 派遣ユニオンの活動
派遣ユニオンは本日(28日)、下記の声明を発表しました。

【声明 在り方研報告・日雇い派遣規制等に関する派遣ユニオンの見解】
~ 30日以内の派遣禁止では低賃金・不安定雇用は解消できない ~
2008年7月28日/派遣ユニオン

 本日(7月28日)、今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会報告書がまとめられた。
 焦点となっていた日雇い派遣への規制方法については「一定期間以下(30日以内)の雇用契約の労働者を派遣の対象にすることを禁止する」として、登録型派遣の規制や派遣対象業務の規制は盛り込まれなかった。
 しかし、30日以下や2ヶ月以下の派遣を禁止することでは、日雇い派遣が抱える(1)不当なマージンによる「低賃金」(2)仕事があるときだけ雇用契約を結ぶことによる「不安定雇用」(3)使い捨て労働力への不十分な安全対策による「労働災害の多発」-等の問題を解決することはできない。
 1999年派遣法改正時の対象業務原則自由化により急成長し、ワーキングプアを大量に生み出した「日雇い派遣」のさまざまな問題を解決するためには、派遣対象業務をもう一度専門業務に限定すべきであり、また不安定雇用の問題を解消していくためには、仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ登録型派遣を原則禁止していくべきである。
 以下、研究会報告について批判する。

 1、「30日以下の派遣禁止」による日雇い派遣禁止について
 前述のとおり、30日以下の派遣禁止では、日雇い派遣が抱える低賃金、不安定雇用、労働災害多発等の問題を解決することはできないし、ワーキングプアは増え続ける。登録型派遣の原則禁止(専門業務や育児休業代替などを除く)により、日雇い派遣を禁止すべきである。

 2、「登録型派遣規制」「派遣対象業務規制」の見送りについて
 報告では「登録型派遣を禁止することは適当ではない」「派遣対象業務については特段の意見はなかった」としているが、登録型派遣を規制し、また、派遣対象業務を専門業務に限定しない限り、低賃金・不安定雇用の問題は解消できない。

 3、派遣先みなし雇用の見送りについて
 違法派遣の際の派遣先の「みなし雇用」は、違法状態に置かれ派遣労働者を救済するために、今回の法改正の課題としてなくてはならない極めて重要な課題である。にもかかわらず、「みなし雇用」を見送った今回の報告は、極めて不十分といわざるを得ない。

 4、均等・均衡待遇の見送りについて
 労働条件における正社員との「格差」が多くの派遣労働者の労働意欲を低下させ、希望を失わせていることを考えれば、「均等・均衡待遇」を「現状においては導入すべきではない」との報告は、現状を無視しているものと言わざるを得ない。

 5、マージンの公開について
 マージンの公開だけでは不当に高いマージンを規制することはできない。ましてや、個別の契約についてはマージン公開を義務付けないこととする今回の報告は意味がない。低賃金を引き起こしている不当に高いマージンを規制するためには、マージン率の上限規制を定めなければならない。

 6、常用型派遣の「事前面接」解禁について
 事前面接は、要望や年齢、家族構成などに基づく不当な差別の温床となっている。例え常用型派遣に限っても、差別の温床「事前面接」を解禁すべきではない。

 7、専ら派遣の規制について
 報告では、「グループ企業派遣については、その割合を一定割合(例えば8割)以下とする」などにより「専ら派遣」を規制することとしているが、8割を超えてグループ企業に派遣している会社のみを規制することでは、事実上「専ら派遣」の規制とはならない。

以上


<関連報道>
・労働者派遣:「日雇い禁止」など答申 厚労省研究会(リンク切れ)
 (毎日jp-28日21時42分(最終更新22時37分))
違法派遣受け入れ企業は「直接雇用を」 厚労省研究会
 (asahi.com-28日)
日雇い派遣原則禁止 例外は労政審で協議 厚労省研究会
 (MSN産経ニュース-28日21時06分)
・「専ら派遣」に規制新設、厚労省研究会が提言(リンク切れ)
 (YOMIURI ONLINE-28日22時43分)
・日雇い派遣」、原則禁止を提言=規制強化に方針転換-厚労省研究会(リンク切れ)
 (時事ドットコム-28日20時28分)
・30日以内の短期派遣も原則禁止に(リンク切れ)
 (TBS News-28日17時31分)

<追記 7月29日>
厚生労働省のホームページに今回の研究会報告書が掲載されました。
「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会報告書」について
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 第2回・社会的労働運動研究... | トップ | グッドウィル最後の日 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

派遣ユニオンの活動」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

厚労省「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」報告書は不十分 (世界の片隅でニュースを読む)
 労働者派遣法の見直しを検討していた厚生労働省職業安定局の「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」が報告書案を答申した(厚労省のHPにはまだ出ていない)。すでに厚労省や与党は「日雇派遣」の原則禁止の方針を示しており、問題は研究会がプラスアルファを...
那覇市長選へ向けた「4党合意」を歓迎します (平和への結集ブログ)
 沖縄の野党4党が、来る那覇市長選挙で平和共同候補を擁立するという合意に至りました。  これを受けて、平和への結集・市民の風は、沖縄以外、国政選挙でも同様の合意に向けて協議していただくよう、民主党、日本共産党、社会民主党、国民新党、日本新党および新党大地...
NO.546 厚労省も「日雇い派遣原則禁止」へ方向転換・・・? (大脇道場)
 厚生労働省も、日雇い派遣の原則禁止を打ち出した。 1985年制定以来、規制緩和続きだった労働者派遣法は、世論と運動の広がりの中で、...