ひよっこだもの

SMAP香取慎吾くんのひよっこファンです。
ときどき、ぬる~く語ります。

まもりびと

2013-08-31 09:51:30 | 日記
私は何でも完璧に出来るロボットを好きになったわけじゃない。
悩んだり、迷ったり、あきらめかけたり…
それでも、新しいことに挑戦し、新しいものを創り出そうと
必死で頑張る人を好きなったつもりです。
だから、いっぱい考えてね。
慎吾くんが納得するまでいっぱい。
どれが正解かなんてわからないって言っていたけど、
だから面白いんだよね、きっと。

でも、今晩はそれはちょっとお休みのスマステの日。
毎週土曜日の夜に生の慎吾くんに会えるって、
ファンにとってはただただ嬉しいことなんだけど、
それはスゴイことなんだなと改めて思ったのが、
この前のスマタイに載っていた石ちゃんの言葉。

「10年以上も土曜の夜をここで守り続けている。
あの若さでなかなかできないこと」

守る…そういう考え方って私にはなくて、
それはバラエティの世界にいる石ちゃんだからこその言葉なのかなと思って。
生放送の司会の大変さを知っているから。
1つの番組を続けることの難しさを知っているから。
そういう先輩からいただいたお褒めの言葉が、
自分のことのように嬉しかったし、ありがたいなと思いました。

そんなスゴイ番組ですが、
時々自分の状況が面白くなっちゃう慎吾くん。
私も先週、自分が面白くなっちゃったことがありました。
お茶の詰め放題にスタッフさんが挑戦していたんだけど、
それを見て「あ、あのスタッフさんだ」って思ったんです。
格安バスツアーや行列グルメもかな?…でスタッフさんの顔を見ることも多くて、
すっかり覚えちゃったんだねー。
しもんくんだっけ?あの子供ちゃんも「大きくなったな~」なんて思ったりするし。
私、スタッフさんまで気になるようになって、
どんだけスマステにハマってるのよ~と、面白くなっちゃった。

今日の東京は暑い(熱い?!)ようですね。
また汗だくつゆだく慎吾になっちゃうのかな?
でも、汗ふき慎吾くんが好きなファンも多いので、
心おきなくふきふきしてちょーだいな。
そう、慎吾ファンって心がひろいんだよね~。
汗ふいてても、ぷに男でも、週に1回女装していても(つよぽん談)、
慎吾くんのことが好きなんだよ。
本当に愛されてるよね。

この記事をはてなブックマークに追加

じゃない

2013-08-30 10:17:39 | 日記
「人類資金」の予習をしなくちゃなぁ~と
書き下ろし小説をゲッチュ。
その足でふらふらと立ち寄ったレンタルDVDコーナーで、
「運命じゃない人」を見つけました。
「そういえば、慎吾くん、この映画のこと好きだって言ってたなぁ」と思い、
お借りしておウチで観賞。

面白かった~。
ほんの数時間の出来事を登場人物それぞれの視点から見た映画かな。
人にはそれぞれにドラマがあるんだなぁと思って。
慎吾くんはもちろん、お仕事仲間や友だちにも
私の知らない、私には見えていない出来事が日々あって、
その中で私と共に過ごす時間があることの
不思議さというか奇跡というか運命というか…。

それに、ジグソーパズルのピースを一つ一つ組み合わせて、
大きな絵にしていくような話の流れは見事でした。
何度も「あーっ!そうだったのか」「そんなことがあったのかー」と言いながら、
最後は「山ちゃん!」と大声だしてしまったものねー。
(映画を見た方は納得?)

この映画を慎吾くんが好きだ、というのも分かるような気がしました。
だって、SDもそうだものね。
「どういうこと?」と思った謎があとで解けたり、
「あの時のSDはこのことを言っていたのか」と2度3度楽しめたり。
そんなことを何度も体験してきたから。
一昨日の突然の「元祖『ぷに男』宣言」も、いつか理由がわかるのかなぁ。

映画のラスト、
運命の人なの?じゃない人なの?と思った私。

元祖ぷに男はどうなの?
ぷに男なの?じゃないの?
最近は少しじゃない人かなと思うけど、やっぱりじゃない人じゃないの?

と、「じゃない」で遊んでみましたが、
私、慎吾くんの「じゃなくて」の言い方、好きなんです。
共感したり感心したりするときの「あー」「へぇ~」とかも。
で、気がつくと私も慎吾くんと同じような言い方をしている時があって。
あと、中居くんが話す時の手の動きとかもね、完全に移っちゃってます。
意識してマネしているわけじゃないんだけどなぁ。

そう考えたら、私は口調やしぐさが男子化してるってことだなって。
う~ん、気を付けなくてはなりませんわね。
そうだわよ。


この記事をはてなブックマークに追加

SUma-PArA

2013-08-28 14:32:51 | 日記
「9月9日 50曲40分ノンストップ生ライブ」
との発表を聞いた時、
1番最初に思ったのが「ヒロちゃん、体力大丈夫?」
そして次に「つよぽん、振り付け大丈夫?」ってこと。

山Pがおなかが痛くなるくらい緊張する
絶対的存在のアイドルグループなのにね。
若い女の子たちと一緒に歌って踊っていてもなんにも違和感のない
奇跡のアラフォーアイドルグループなのにね。

そう思わせてしまう…ちょっと心配したり、世話をやきたくなるところも
SMAPの魅力のひとつなのかな。

そして、ジワジワとこの企画のすごさを感じて。
そんなこと、テレビでできるんだね。
5人旅といい、ファンの夢…
というか夢にも思わないようなことを叶えてくれる番組で、
いつまでも大切にしたい番組だなと思いました。

それはSMAPにとっても同じことで、
そうじゃなきゃ、個人の活動が忙しい中、
こんな企画に応えられないものね。
だって、ただカラオケメドレーのように歌うわけじゃないでしょ。
全国のみんなと≪スマップパラダイス≫なひとときが過ごせるよう、
慎吾くんもスタッフさんと一緒になって、
あれこれ考えてくれていると思います。
楽しみに待ってるからね~。

それにしても、
結成25周年、50枚目のシングル発売の年に9月9日が月曜日なんて、
たまたまなのか縁なのか緻密な計算のなせる技なのか。
あー、運30倍の人がリーダーだからだね。

この記事をはてなブックマークに追加

残暑ギフト

2013-08-26 19:12:48 | 日記
こちらは朝晩すっかり涼しくなりましたが、
全国的には厳しい残暑が続いているようですね。

そんな中、慎吾くんから嬉しいギフトが2つ届きましたね。

ひとつは、SD【TeTeTen】。
東京に住んでいたら、すぐにでも観に行くのにな。
神様、私に翼をください。
もしくは、悟空、きんとうんを貸してー。
というわけにもいかず、
実際に観に行くことはできないけど、
東京タワーやカシューナッツが好きなことを隠したかった慎吾くんが、
好きな作品を教えてくれたんだもの、
せっせと調べましたよ。

全ての作品は調べられなかったし、
実際に観たときの感動は共有したとはいえないかもしれない。
でも、昨日のブログは、
作品のことを思い、私たちのことを思いながら、
慎吾くんは1文字1文字打ってくれたはずで、
そこには確かに「LOVE」があったと思います。

そんな慎吾くんを思いながら、
アーティストさんやその作品を見ていることが、
私にとっては立派な「LOVE展観賞」になっています。
慎吾くん、ありがとね。

そして、もうひとつは「いいとも!」のお洋服。
浴衣だし、
しかもデニムだし、
さらに背中(肩)のあたりにThe MONSTERSのロゴのようなコウモリさんがいるし。
ももちのおかげで「許してにゃん」も見れたしね。
私は何を言われても負けないももちのこと、好きですよ~。

それにしても、慎吾くんはなんでも似合うね~。
先週、今週のスマステのシュッとしたスーツ姿もステキだったし、
おじゃマップのカジュアルな衣装も大好きだし。
これから秋になって、
今の「神」と重ねていくお洋服のコラボがとても楽しみです。

さらに、今日のスマスマで重大発表があるとか。
秋のギフトは、それぞれのメンバーからいただく予定はあるんだけどな。
まだ、何かあるのかな?
これで、慎吾くんのなんだかんだのお忙しの理由がわかるのかな。

この記事をはてなブックマークに追加

スマ アート ステーション

2013-08-25 15:31:50 | 日記
昨日の夜(というか今日かな)、
慎吾くんは寝ないで絵を描いたのかなぁ。

たくさんのアートに触れ刺激を受けてきたこと、
SDで伝えてくれて嬉しかったし、
その伝え方もアートだなぁって。
短い文章から慎吾くんの感情がビシビシと伝わってきて、
「スマステ大丈夫かなぁ」と思ったくらい。

私もこのSDにめいっぱい影響を受けてのスマステ観賞。

オープニングで「落ち着いて」と言ったのは、
汗がでるからもそうだけど、
「ART脳を落ち着かせて」という意味もあったのかなと。

そうして頑張って落ち着かせようとしていたせいか、
気持ちが充実していたせいか分からないけど、
昨日の慎吾くんの表情がとても穏やかでキレイだったな。
カッコいいというよりも、美しいなって。

もちろん、ちゃんとスマステ脳にもなっていて
試食する石ちゃんをうらやましそうに見たり、
お口がパクパク、ハフハフしちゃったり。
VTRを見ている2人がとっても楽しそうで、
友だちとあれこれ言いながら一緒にテレビを見ているような感覚になりました。

それから、石ちゃんも「独創的」って言っていたけど、
サービスエリアもアートだよね。
富士山の形をしたおにぎりやうなぎの形をしたエクレアって視覚的にも楽しめるし、
コロッケを最中ではさんだり、おはぎに茶葉をかけたりって発想力が素晴らしいし、
建物も地中海とか楽器とか宿場町とかコンセプトがあって。
そう考えたら、アートは身近なものなのかもしれないな。

そしていつものごとく、
慎吾くんの行った個展をネットでチェック。
アンドレアス・グルスキーさんの絵画のような写真は、
アートにうとい私がネットで見ただけでも惹かれてしまうのだから、
慎吾くんが受けた刺激はすざまじいものだったんだろうな。

それを自分のキャンバスにだけ閉じこめないで、発散してね。
言葉でもパフォーマンスでもお洋服でも
慎吾くん自身がアートなんだから。


この記事をはてなブックマークに追加