日々適当

hibitekitou

コンセプトが素敵なディスプレイ

pc |2021-07-25

HUAWEI MateView[HUAWEI 日本]

なかなか良いコンセプトのディスプレイが登場してきました。28.2インチってサイズで3840x2560ってピクセル数は16:9のよくある4Kディスプレイよりだいぶ縦方向に長いです。それを狭ベゼルの筐体におさめ、スマートなスタンドに固定している。

まぁそのスタンド部分にいろいろ機能を持たせている(ビデオ入力ポートスラスタンドに持たせている)ことから別のスタンドに置き換えることは出来ないってのは残念だし、自社の製品との連携を重視した設計は他社製品との連携にちょっと不安を覚えるのも事実だから、個人的な選択肢にはならないけど、このディスプレイパネルのサイズ感は羨ましいなと思いました。

Appleは6Kディスプレイっていう現状唯一無二の背品を出していますけど、Mac miniと組み合わせるような、MacBook系を接続して使うのに適した製品を出してきませんかねぇ。LGブランドからでもいいから。(でもAppleさんはディスプレイを出す場合に2系統入力ぐらいは実現させて欲しいですぞ)

コメント ( 0 )|Trackback ( )

映画鑑賞記録

movie/anime |2021-07-24

前書いた後、三本観ました。

一番最近観たのは劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産です。これはね、訳が分からなかったw。楽しく観ていたけど、訳が分からなかった。内容をちゃんと追いかけるためにシリーズの最初から見た方がいいだろうか。Gのレコンギスタ Ⅳの公開が控えているから、I〜IIIをちゃんと復習しておかんと、IVも訳がわからなかったてことになりかねない…

その前に観たのが竜とそばかすの姫ですね。細田守監督最新作。
時をかける少女から始まった細田守監督ブランドの映画は、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪まではとても気に入っていたのだけど、バケモノの子と未来のミライはあまりお気に召さなかった私にとって、今作はどうだったか。

良かったと思います。手放しで賞賛ってわけじゃないのだけど、その映像表現に感心しまくっておりました。CGがちょっと硬いと感じる場面も結構あったのだけど、その豪華な世界観の表現はとても気に入りました。そしてもちろんこの作品の骨になっている音楽とそれと絡めた映像演出がとても素敵だったと思うです。とりあえずサントラは買います。

で、前書いた後割とすぐに観に行くことができたのが、映画大好きポンポさんでございます。
この映画については完全に誤解してて、原作読んだことなかったし、日本の話だと思っていたのですよ。日本の大学の映画サークルみたいな。こじんまりとした自主制作の世界とか単なる映画付きの人の話と勝手に思っていたら(語感からラーメン大好き小池さんとかタイトルの印象から邦キチ! 映子さんのイメージに多分引っ張られたw)、ハリウッドによく似た商業映画の制作(製作)の現場を舞台にした作品でした。
ということを理解した映画上映開始数分からとてもとても楽しく引き込まれたましたですよ。内容が刺さる人も多いでしょうし、観ておくと良い作品だと思いました。

お、8/6までキネ旬シアターでやってるのか。

竜とそばかすの姫は日テレが押しまくってて宣伝が行き渡っているのか、劇場に結構人が入っているように見えました。その客の入りに耐えられる作品内容だったと思うので、客足伸びるといいですね。

前書いた漁港の肉子ちゃんはそろそろ映画館での上映が終わるんじゃない?って気がするのだけど、これは機会を作って行っとくと良いと思う映画です。それはポンポさんもそうなんだけど、多くの人の目に入らないのはもったいない良作だと思うわけでね。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

机を交換

与太話 |2021-07-22

在宅勤務中に使用するパソコン環境を載せている机を買い替えました。
結構古い机を使ってて(東日本大震災の時の落下物でついた傷があったり)、その天板サイズは100cm x 70cmで奥行きを重視して導入した机でした。しかし最近それがありすぎるなと感じるようになって100cm x 60cm のに変えることにしました。10cm奥行きが狭くなります。

買ったのは山善の MFD-1060RCCB って商品で、多くの机が強度を持たせるために脚に貫?を設定しているのに対し、それがなくて80kgの耐荷重を実現しているのが気に入って発注しました。

パソコン周りの接続を全部外して古い机を搬出し、新しい机を設置してパソコン周りを再設定するのに1時間半ほどかかり、エアコンをつけていな部屋でやったために汗だくなりましたが、設置後の環境は概ね満足です。

明日はオリンピック開会式でそれが本格的に始まり、それもあって在宅勤務を国として推奨しているようだし(テレワークデイズ2021とか言っているらしい?)、またこの机で在宅勤務を進めたいと思うです。(とりあえず来週は2日間はなんとか在宅で…)

コメント ( 0 )|Trackback ( )

リモートでショートカットが使えないストレス

mac |2021-07-21

在宅勤務により各種リモートソフトウェアが花盛りだったわけですけど、それらツールの中にSplashtopがあります。
帯域が十分ならまぁまぁ使える環境をリモートで用意できるとあって、採用事例に株式会社カラーもあったりします。

SplashtopはWindows、Mac、Linuxに展開するリモートデスクトップツールですけど、まぁ例によってMac環境ではちょっと困った挙動を示すことがあります。それが一部ショートカットに非対応ということでして、Mac ショートカット一覧 [Splashtop サポートサイト]を見るとそれが示されています。。CommandキーやFnキーとの組み合わせで非対応のものがある印象です。で、何が困るかというと、USキーボード使いとしては入力ソースの切り替えが使えないってことです。古からCommand+Spaceで切り替えていた日本語・英語の切り替えが通じない。まぁ最近はこれが(デフォルトでは)Control + Spaceになってて、これはどうもちゃんと稼働するようなのでこっちになれれば良いって話なんだけどね。あるいはJISキーボードを使うか。

クライアントがCatalina(Mojaveでも同様)で動作している限りはそれでもなんとかCommand+Spaceが使えたのだけど(少し動作が怪しいけど)、クライアントがBigSurになって完全に使えなくなってて本当に困っております。つまりマウスでメニューバーから日本語・英語を切り替える必要があるわけです。
対処法としてサーバー側(Streamer側)でシステム環境設定→キーボード→入力ソースの日本語でCapsLockの動作を「オフの時「英字」を入力」をオンにしています。これもSplashtopごしだと動作が微妙に怪しいのだけど、一応キーボードのみでトグル可能ってことで、Command + Space ぐらいの利便性は(操作に慣れていないことを除けば)確保できてます。

しかし根本的にはJISキーボードの導入なんですかねぇ。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

AQUAモデルチェンジ

与太話 |2021-07-20

10年ぶりのフルモデルチェンジということです。10年前といえば、まだまだハイブリッドカーといえばプリウスって時代だったと思うし、だからその一つ下のクラスのハイブリッド専用車として登場したアクアには大きな意味があったと思います。
しかして現在、同じクラスのヤリスもハイブリッドモデルを搭載するので、アクアの存在意義はどんなもんだろうと思ったりするわけですが、トヨタさんはこいつに最新技術を詰め込んできました。(プリウスもだけど、現行モデルへのフルモデルチェンジ時にトヨタ全車の中で先駆けてって技術を搭載してきていましたな、そういえば)

そんな新技術の最たるものがバイポーラ型ニッケル水素電池の搭載で、電池のセルの小型化と大電流を一気に取り出せるのが特徴だそうです。結果、スペース効率が上がったことでの容量の増加と、応答性と出力が向上したそうで、走行性能がかなり改善していることが期待されます。

ドライバーが直接触れる部分では10.5インチっていう大画面のディスプレイオーディオやアクセサリーコンセントが標準装備されていて、ホイールベースの拡大による後部座席の居住性の向上が図られているのは同乗者には嬉しい内容だと想像できます(後部座席の天井の高さも上がっているようです)。

とまぁいい感じに進化しているようなんですけど、絶対的な車両の小ささは個人的には如何ともし難いと感じられて、つまり現在乗っている車よりラゲージスペースがかなり小さいので選択肢にはならないかなという所です。燃費の良さとか先端っぽい技術を注ぎ込んでいるところとか良さげなんですけどねー。駐車支援も良さげに進化していそうですしねー。(前の車に駐車支援がついていたけど、駐車に時間がかかる上に曲がって止まったりして使えなかったのだけど、現在のはかなり使えるものになっているみたいです。もっともヤリスでの映像がネット上にいっぱい上がっているけど、自分で駐車することが苦にならない人は自分で入れた方が全然早いですから、やっぱり使うことは少ないかな。(ものすごい難易度の高い駐車をサポートしてくれるならありだけど、たぶん、そんなところでは安全率高めにとってて動かないんだろうなと予想。どうだろう…)

ということで個人的な選択肢にはならないけど、売れるんだろうなぁってクルマが登場しました。

中之条町 21.07.19

コメント ( 0 )|Trackback ( )

カローラのWxBってグレードに色が追加された

与太話 |2021-07-02

だぶるばいびーと読むそうで。BlackとWhiteなのだそうで。だから2019年に登場してから今まで、カローラとカローラツーリングのWxBにはモノトーンのカラーしか用意されていなかったわけですが、この度(7/2)、仕様をちょっと変更したついでに「センシュアルレッドマイカ」って色が追加されました。やったね。
まぁ下位グレードに存在していた色なのだけど、選択肢がないより万倍いい。ついでに書くと、下位グレードよりWxBの方が顔がまだ好き。

今乗っている車が5年に迫るので、選択肢ですか?って感じになってきました。カローラって響きは嫌いなのだけど。

それにしても本当に若干の仕様変更にとどまる内容で購買意欲を高めるものじゃないけど、WxBになんで色付きが無いのって思っていた層には受けいられそうですね(俺だ)。
ちなみにスポーツの方にも新色が追加されて、こっちはトヨタ全体での新色「エモーショナルレッドⅢ」ってことらしい。

カローラ、カローラ ツーリング、カローラ スポーツを一部改良 [トヨタ自動車株式会社]

コメント ( 0 )|Trackback ( )

クソコード:シーン内の子供と親を持たないEmptyの削除

cg |2021-06-28

先日書いた読み込んだfbxファイルでマテリアルを共有するオブジェクトをjoinするスクリプト(クソ遅いw)を実行したらEmptyが大量に発生したので、これを削除するのを考えてみたのです。

import bpy

scene = bpy.context.scene
objs = bpy.data.objects

for obj in scene.objects:
    parentObj = obj.parent
    if parentObj == None and obj.type == 'EMPTY' and len( obj.children ) == 0:
        objs.remove(objs[ obj.name ], do_unlink=True)
コメント ( 0 )|Trackback ( )

Amazonプライムデーで買ったものが届いた

pc |2021-06-27

プライムデーが6/21と22に開かれて、せっかくなので購入してみたものがCPJ500 [CyberPower] というUPSです。プライムデーが終わった現在1.35万円ほどなのが1.14万円ほどでした。割とお得なお値段で購入できたようです。

こちらのUPS、CyberPowerの小型の正弦波出力可能な常時商用な給電を行うものですけど300WとMac miniを接続するには十分すぎる容量を持つモデルです。

小型なため片手で持つことも可能な重量(3.69kg)なのだけど、M1 Mac miniだけならば相当な時間稼働できそうです。実際、Mac mini M1 2020の消費電力は、待機中で6.8W、CPU最大稼働時で39Wらしいので、上の写真で2%って値が出ていますけど、待機中はそれぐらいの負荷で済むし最大稼働時も15%に満たない計算だから、外付けHDD(Drobo 5シリーズあたり)も余裕で接続可能と言えます。安心して使えそうですね。

Apple、Mac mini (M1, 2020)の電力消費と熱出力情報を公開。M1 Mac miniの消費電力は最大時でも39WでIntelモデルの約3分の1に。[Apple Ch.]

なを、CyberPowerのソフトウェアはまだApple Siliconネイティブ対応していないようで、なのでインストールしていません。macOSは標準でUPS接続による停電時のシャットダウンに対応しており、またMac mini M1 2020にUSBで繋いだら、UPSを繋いでいるとちゃんと認識したので、とりあえず問題はないでしょう。詳細な動作状況を知りたい場合にはそのソフトが必要となりますが、当面はいいかな。

ということで、まぁまぁ有用な買い物だったのではないかと思うわけです。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

Windows 11への対応

pc |2021-06-27

うちで動いているWindowsはParallels Desktop以外はMac mini Late 2014でBootCampで動いているWindows 10 Homeだけだったりします。
Windows 11は古いマシンの足切りをだいぶ積極的に行ったようで、Intel CPUだと8000番台のCPU以降の対応となるらしいことから Haswell Refresh(4000番台)を採用しているMac miniはそもそも対応不能ということになります。ちなみにmacOSは次期OS MontereyにもMac mini Late 2014は対応しているから、Appleよりも厳しい対応をしてきたとも言えるので、そこはちょっと驚きですね。

Windows Processor Requirements Windows 11 Supported Intel Processors [Microsoft Docs]

ということでそもそもうちのマシンはWindows 11にハードウェアの仕様として対応していないのだけど、Appleのマシンはハードウェア要件を満たしていたとしても、BootCampがそのハードウェアの機能をオフにしていることから、とりあえずWindows 11の起動が現時点ではできないらしい。これはAppleの対応如何ということになるので、Winodws 11がリリースられてからのAppleの対応の注目ということになりますか?
もしくはWindows on ARMのライセンスがApple Siliconでも認めるのかっていうマイクロソフトの対応如何でしょうか。

Windows 10の延長サポート期間は2025年10月4日までだそうです。これが明示されているのはマイクロソフトの偉いところだと思いますけど、それはともかくあと4年ですね。現行機はほぼ問題なくWindows 11に対応するでしょうし、PCの耐用年数を考えると、セキュリティのサポート面で問題になることはないでしょう。Windows 10終了時にWindows 11サポート外のマシンを使っている人は、それは流石に買い換えなさいよってのが一般的な意見になるでしょうしね。

ちなみに個人的にはWindows 11で興味ある話題はSoftimageが動作するのかです。職場PCを導入するとき、来年以降のPCについてはWindows 11インストールモデルを選択するし、そうすっとそのタイミングで古いソフトを諦めるってことになるのかもしれませんな。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

いつ出るのかなぁ

mac |2021-06-23

WWDCでは結局ハードウェアが出ず、M1の上位あるいは後継チップを積んだマシンの登場は秋以降でしょうか? 7月に出たMacも過去にはあるし、もうちょっと早く出てほしいとは思いますけどね。

そんなわけで現時点でApple SiliconといえばM1なのだけど、そいつにネイティブ対応しましたってアプリがAdobeもポツポツと出しています。
現状でネイティブ対応しているアプリはPhotoshop, Illustrator, Lightroom, Lightroom Classicで、ベータ版が公開されているもので有名なところがPremiere Proっすかね。

そのPremiere ProはAdobeのブログでベータ版のパフォーマンスについて語ってて、各メディアはそこをソースに記事を載せていました。。最新のベータ版では同等のIntelベースのシステムと比べて77%も高速化されているとかもうちょっと細かく色々と早くなっていると述べている。
でも元ブログを見ずにいたもので、何と比べてそれだけ早くなったのって思っておりました。が、元ネタのブログに書いてあったのですね。比較はMacBook Pro M1 2020とおそらく2020年モデルの13インチMacBook Pro(2.0GHz Quad Core)です。なるほど、確かに同等のIntelベースのシステムっすな。

この比較ベンチマークでのシステム条件はPhotoshopやIllustrator、InDesignでも同様だったようです。詳細なレポートがpdfファイルで公開されていました。

ということであくまでもローエンドのマシン同士の比較だったってことで、何割速くなっているって情報を鵜呑みにしてあまり過度な期待はしない方が良いけど、それでも、MacのM1マシンぐらいの価格帯で、互換性以外の理由でIntel CPUのマシンを選ぶ理由は無いってことがサードパーティーツールのメジャーどころから示されるのは興味深いです。

ちなみに、16インチMacBook ProやMac miniのプロ向けモデルが噂されているけど、そんなミドルレンジ以上においてはIntelにするかM1にするか迷いどころな現状っすね。それを解消するM1XだかM2だかを積んだマシンの登場を期待するわけですが、いつになりますか。

コメント ( 0 )|Trackback ( )
« 前ページ・