日々適当
hibitekitou

キネカ大森で素敵上映が行われています(12/7まで)

movie/anime |2018-12-05
キネカ大森は品川区の大森駅前にある劇場で、1984年に日本初のシネマコンプレックスという触れ込みでオープンしたものということです。そんな意味では古い劇場ということになります。そこのスクリーンの一つで名画座って企画で過去の映画を二本立てで比較的リーズナブルなお値段での上映を行なっています(ってことは今回初めて知ったのですけどね)。
んで、12/1〜12/7の一週間上映されているのが

ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

の二本セットです。
ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌 はデジタルでのメディア展開がされていないのですね。だからなかなか観ることができないと思います(VHS, LDは販売されていました。うちにLDあったように思うけど、再生機材を持っていない上、機械にかけたとして再生されるのだろうか…)。それをフィルム上映で見ることができる貴重な機会なわけです。
一方、映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 についてはDVD化はされていますが、blu-rayにはなっていないようです。つまりは高画質な映像を見れる機会は限られている。
どちらも大傑作なだけに、それをフィルム故の高画質で大画面の(音もそれなりにちゃんとした)環境で見ることができるという夢のような企画と言えるわけで、記録的な最高気温となった今日の前日(12/3)に代休取って行ってきました。

ちびまる子ちゃんは1992年12月、クレヨンしんちゃんは2001年4月に公開された映画です。そのフィルムも古いことが予想され、だから、所々ゴミ(傷?)があったり映像が一瞬乱れたりするところがありました。それはそれで味ということでスルーすれば、それはもぉ素晴らしい時間が過ぎて行きましたですよ。

ということで、これを書いている12/4の夜からはあと3日しか上映されていないわけですが、これはもぉ是非とも行っておくべきだと思いました。

余談ながらWikipediaによるとオトナ帝国の原型はテレビシリーズの332話「母ちゃんと父ちゃんの過去だゾ 1」なのだそうです。原恵一絵コンテ、ささきひろゆき演出、大塚正実作画監督というすげぇってスタッフですなw
なつかし博物館って施設に野原一家と本田一家(おケイおばさん一家)が訪れるというお話です。
ひろし「やっぱり万博は外せないでしょう、この場合」
おケイ「え?万博って沖縄海洋博?」
悟史「つくば博だろ」
みさえ「大阪花博よー。あ、名古屋デザイン博かなぁ」
という今の時代にタイムリーな会話が盛り込まれてました。ちなみに放送時、みさえもおケイもEXPO'70の時は生まれたばっかりって設定でしたw
っていうか観てるけど、めちゃくちゃおもしれぇすなこの話(当時録画してたもので、家で鑑賞可能なのです)。

わたしの好きな歌の方は、もちろん核になる物語が素晴らしいのだけど、それに付随する音楽パートも最高に素敵なのですよね。これは時々YouTubeでも見ることができたりします。さくらももこによるまんがもありますが、この音楽パートは映像でこそってものなので、劇場で観れてとても嬉しかったです。
ちびまる子ちゃんは今に至るまで1970年代中盤を描いたものなのだと思います。この映画では「めんこい仔馬」が取り上げられそれは劇中で語られる通り太平洋戦争時に作られた歌であり、戦争中の残像がまだ感じられる当時であったってところは、そういえば2018年の現在、どこまで感じられるのかなぁって(劇場に一人だけ小学生ぐらいの男の子が親と見にきていたこともあり)思ったりしました。
めんこい仔馬についてググったら、オリジナルの歌詞で映画では描かれていたけど、戦後歌詞を変えたものが出回っていたようですね。僕はこの映画で初めて知ったからむしろ変えられた歌詞の方を知らなかったのだけど、興味深いお話ですね。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。