日々適当
hibitekitou

WWDCで発表された新OS

mac |2019-06-04

WWDCは開発者会議だからその基調講演がソフトウェアにフォーカスするのは当然で、例年通りAppleのOSの次期バージョンに関する発表が行われました。

かつてMac OS XのみであったAppleのOSはiOS, watchOS, tvOSと増え、今回さらにiPadOSが追加されました。いずれもベースは同じらしいので、全く別のOSを別々に開発をしているわけではないようですが、それにしても数が多くて大丈夫かなとちょっと思ったりはします。その数故に、駆け足でそれぞれの発表が進んでいきましたな。
tvOSやwatchOSは個人的には馴染みがあまりないというか、そこまで興味がないので、これら発表中はとても眠かったのですけど、iOS、iPadOS、macOS発表中は覚醒しておりましたですよ。

iOS 13 Preview [Apple]

というわけでiOSです。iOS 13。

基調講演で圧巻だったのはApple MapのLook Aroundって機能ですな。Googleのストリートビューと似たものでしょうが、場所の遷移のスムーズさが半端なかった。アメリカ以外での展開は少し遅れるようですけど、日本でもデータ収集のための車が走っていますから、そのうち始まるのでしょう。

Apple Mapsの画像コレクション[maps.apple.com]

この辺の情報は一度作ったら終わりじゃなくて、定期的に更新していかないと街の変化についていけないわけですから、なかなか大変だなぁと思いつつも期待しております。

セキュリティやプライバシーに関わる機能の紹介が行われていましたが、見ていて面白いものではありません。でも有用でしょう。面白いものはMemojiのカスタマイズの豊富さをアピールするムービーでしたか。

Memoji Makeup Tutorial — Patrick Starrr and Desi Perkins — Apple

見せ方が上手いですね。

壇上で示された新機能では、何気にカメラでビデオを回転させることができるようになったというのはありがたいと思いました。

対応機種がiPhone 6s以降ということです。うちのiPhone、まだ一年以上は生き残れることになり、そこは喜ばしいです。

そしてiPadOSです。よりiPad向けにカスタマイズされたiOSということなのでしょうけど、マルチタスクのしやすさをアピールしておりましたが、何よりファイル.appの取り扱う範囲の拡大が嬉しいかもしれません。SMB共有されたネットワーク上の場所やUSBメモリ、SDカードにアクセスすることができるようになるというのがとても素晴らしい。外部ストレージへのアクセスが各アプリから問題なく行えるなら、外にはMacBookではなくiPadを持ち出そうという気分がより高まるのではないでしょうか。

で、マウスが使えるようになるという話です。

iOS 13ではマウスが使えるみたいだよ![ギズモード・ジャパン]

僕はiPadにキーボードを接続するのをためらう人なんですけど、それはマウスで行うような操作を画面に手を伸ばさないとできないことに引っかかるものを感じるからでして、でもマウスを使えるならキーボードをiPadにつけるのもアリですかな。スタイル的にも重さ的にもMacBook持ち運べば?ってものになるかもだけど。

対応するiPadは全てのiPad ProとiPad Air 2以降、iPad mini 4以降、第五世代iPad以降(2017年のモデル)だそうです。うちにあるiPadだとiPad ProとiPad mini 5がいけますな。ベータ版が来たらiPad Proに入れてみましょう。

そして、次期macOSです。新Mac Proにはこれが搭載されてくのでしょう。macOS 10.15 Catalina。カタカナではカタリナって書くみたいです。

macOS Catalina [Apple]

こちらで真っ先に取り上げられたのがiTunesの廃止でしたね。Music, Podcast, AppleTVの三つのアプリに分離するそうです。個人的にメインで使用しているiPhoneは充電時MacにつながっているLightningケーブルにつないでいて、思い出したらiTunesでバックアップボタンを押しています。つまり日常的にバックアップをしているのですが、その役割は誰がやるのかと思ったらFinderなのだそうです。ネット上にそれが動作している動画が上がっていますけど、Finderのサイドバーに現れたiOS端末を選択するとFinderウインドウの中身はiTunesのバックアップ等を行うところのような画面になってました。音楽のスマートプレイリストを作ってそれをiPhoneに反映させるのはMusicアプリから行うんですかね?(通常はクラウドを介して行うように設計されているようです。有線で接続した場合、各アプリから同期すると書かれていました。)

そして個人的に心惹かれる新機能はSidecarです。iPadをセカンドディスプレイ、あるいは液晶タブレットして利用できる機能だそうです。

iPadをApple Pencil対応のセカンドディスプレイとして使用できるmacOS Catalinaの新機能「Sidecar」はミラーリングやTouch Barの表示、マルチタッチジェスチャーをサポート。 [AAPL Ch.]

個人的な興味はやはり液晶タブレットとしての機能でしょう。

Mac側のアプリの対応によってはサイドバーやタッチバーを独自に出して、作業の効率化に貢献するような画面構成にもなりそうで期待しています。そうなったらタブレットをワコムのからiPad Proに置き換えて試してみたいですな。対応を予定しているアプリとしてZBrushがありますがモデラーの方は興味津々でしょうか。

デュアルディスプレイ利用時の機能で"Zoom your second display"ってのがあるそうです。ディスプレイはミラーリング状態だけど、片方の一部を拡大した状態でもう片方を表示できるって感じでしょうか。拡大されたもう片方の表示が美しいのならこれはとても使える機能かもしれません。

新機能一覧を眺めていると、"Approve with Apple Watch"に"View passwords"って項目が目につきました。キーチェーンで管理されているパスワードの入力をAppleWatchのサイドボタンのダブルクリックで実現するというものらしいのですが、これはかなり嬉しいかもしれません。

QuickTime Playerは連番イメージからH.264, HEVC, ProResムービーへのエンコードを行えるようになるそうです。そしてそして、待ちかねたぞって機能にタイムコードのサポートがあります。ムービーインスペクタパネルの表示内容もより細かくなるそうで、QuickTime Player 7から明らかに劣化していた部分を取り戻してきました。

開発者に向けた新機能としてはARKitとSwiftUIをデモしていましたね。ARKit 3の"People Occlusion"はデモでは割とうまく動いてたように見えます。CGが人物の後ろに存在できるという機能。人間の背景が複雑だったり人間が溶け込むような色・明るさだった時にどの程度の精度が保たれるかは興味深いところですけど、環境が良ければこんなに行くんだ、すげぇって内容でしたね。綺麗なグリーンバック・ブルーバックのスタジオに綺麗に照明が当たったとこだと、ARKitで作られたCG映像を背景に人物がリアルタイムで合成された映像を作れるようになるんじゃね?って感じです。Motion Captureの機能も持ったようです。精度はまだそれほどじゃなさそうですけど、簡易に使えるのならありがたいですな。

Swift UIは面倒なGUIの定義をグラフィカルに簡単に行えるようになっていそうで、僕のような初心者には大変にありがたいかもしれないです。Xcode 11に搭載されるんですかね。リリースされたら本気だそう。

そんなわけで、macOS 10.15では銀色Mac Proのサポートが無くなったそうです。まぁMojaveから事実上サポートなしのようなものですから仕方ないですね。それ以外はMojaveと同じとのこと。

ってことで、すでに開発者にはベータリリースがされていて、一般の人は秋頃に正式版を触れるようになるようで、楽しみに待ちたいと思います。

コメント ( 6 )|Trackback ( 0 )
 
コメント
 
 
 
WWDCで発表された新OS (ponkazu)
2019-06-05 11:59:06
m4gさん
遂にいろいろやってくれましたね。。
貿易戦争にも負けず、ちゃんと開発してるAppleの感謝です。
私も準備万全でAppleTVで生中継見ましたよ。MacProの発表で興奮して眠れなかったですが、、、、、
新しいProのAR写真を今の環境に溶け込ませたら、友人にfake写真送って驚かせたり、娘にPro持ち上げさせたり、楽しんでます。
当分?たぶん?それくらい楽しまなければ。

次に考えたのは新しいOS、これでお役目ごめん?のHardどれだけ?
という感じですね。Catalina入るのPro2013と先日買ったmini2018だけになったのが、悲しい。銀色Proご苦労さまと言いたいですが、まだまだMojaveで働いて貰います。
Catalinaで一番期待しているのが、Sidecarです、あまり使ってない初代iPadPro 12.9を高級タブレット代わりに使うことです。今もっいるinious、古くてでかいので、これは期待しています。

iPadOS13で初代Airが外されました。今写真の見本をお客様に見せるのに使って居りますが、これにはiTunesで写真同期して移していますのでこれも銀色くんの頑張って貰います。

iOS13は5Sが外れましたがそれも時代の流れですね。

watchOS6は一応全部OKと言うことで安堵しています。

MacProは高額になるから買えないと思ってminiを購入しましたが働き次第ではそんなこともないのかもとか
思っています。いやそれを目標に働きたいと思います。
でも、その前にもう一つ物欲があるのです。ご存じかどうか分かりませんがProfotoと言う会社のB10と言うストロボがほしいのです。
理由、唯一,iPhoneでストロボ同期出来るのです。A1と合わせてスタジオの予備ストロボにもなるという言い訳をしながら、、、、

ああ悩ましい秋となりそうです。
 
 
 
Unknown (m4g)
2019-06-06 00:17:39
ARはなかなかに楽しい体験ですよね。Pro Display XDRとMac Proを一緒に置けたらさらにいいのになぁ、って思いながら僕も遊んでました。
旧銀Mac Proが次期OSのサポートから外れてしまいましたが、そこから2年ぐらいはセキュリティサポートはされるでしょうから、おっしゃる通り、用途によってはまだまだ現役ですよね。うちのも治したいのだけど、なかなかやれません。
iPadをタブレットとして利用するのに有名なAstro HQのがありますけど、OS標準でそれができるようになるのは価値があるし、何より、アプリが対応することでiPadに最適化した形でそのアプリを利用することができるかもしれないのにはとても期待しております。

それにしてもそのストロボの存在を初めて知りましたが、面白いですね。ストロボを必要とするような撮影を普段しないもので、全く縁がなかったのですけど、ちょっと興味を持って調べてみたくなりました。って、結構なお値段するものですから、手を出すのは危険かなー(^^;
 
 
 
WWDCで発表された新OS (ponkazu)
2019-06-28 13:30:35
m4gさん

ご無沙汰です。
Mac miniにCatalina
iPad12.9にiPadOS13をインストール
念願だったSideCar無事使えることを確認出来ました。
トリプルモニターもOKです。モニターとして認識しています。

ただMac miniの発熱量がMojaveに比べてすごいのが心配です。
これからいろいろ試して見ます。
ご報告まで
 
 
 
Unknown (m4g)
2019-06-30 01:37:10
おー、早速パブリックベータを適用されましたか。
うちは入れられる環境がなくて、どうしたもんかと思っているところです。
SideCar、早く触りたいです。

Mac miniの発熱量が大きいのが、インストールしたばかりだかなのか(キャッシュづくりに精を出している最中なのか)、最適化が進んでいないだけなのか、それともそんなものなのかはきになるところですね。

まだベータの最初の方のバージョンということで、改善していくのでしょうが。
 
 
 
WWDCで発表された新OS (ponkazu)
2019-06-30 11:41:04
4gさん
返信有り難うございます。

ここ数日こればかりやっています。何せ展示されて初代iPad12.9(keyboard付き)を
触って、勢いで購入して数ヶ月使って熱が冷めて使っていなかったiPadが高級
液晶タブレットと返信出来るチャンスですから、汗

繋がってPSの80MBくらいのファイルをiPadに移してまづピンチで拡大縮小など
の反応などを確認、次にPenileの筆圧などの確認をしておりました。あれ?
反応の遅延かなりある。bluetoothで認識し合いWiFiでデータやりとりしてるので
こんなものか?いや、WiFiを5GHZに変えてみよう(カメラのfileを飛ばすアプリは
ほぼ2.4GHZしか繋げて貰えないAirMac)などチャレンジしてみましたがあまり変わらず
やはり無線は限界があるのか?
?あれ慌ててPS入れたのでeGPUを使用するのチック入れてなかった。
その後劇的にスピード改善、かなり使えるようになりましたが、時々遅延ありです。
(無線はいつも安定したやりとりが出来ないのは理解してります。)
SideCarのこと調べてましたら有線出てかかれた処見たような気がしますが、
ライトニングケーブルでつなげるのでしょか?それともUSB-Cのみか?
でもひも付きになると自由度かなり奪われますが、、、、、、
縦横かいてんさせながら細かい処、Penile使えるのは便利です。
悩む処です。
今日の結論 eGPUの威力は絶大なり!!

PS.熱量は変わりなく暑いです。一応フィードバックしておきました。
あとiPadの画面にMBPのタッチパネルが出て来ますが、いまいち使い方が
わかりません、笑
 
 
 
Unknown (m4g)
2019-07-01 13:30:34
SideCarのレポートを見ると、結構評判が良いのですけど、WWDC会場でのハンズオンでは有線でつながっていたそうで、その理由が電波環境が悪いからってだったようで、だから無線だと結構シビアになるのかもしれませんね。
でもeGPUの有無で遅延に影響があるのは興味深いです。
有線接続についてUSB-Cかlightningで接続するって書いてあるところが多いように見えるんで、使えると思います(でないと現行のiPad Proだけしか有線の恩恵が受けられない)。

Touch Barは僕も使ったことがないのですよねー。それがSidecar側に出てくるようですから(デスクトップマシンでも使えるようになることから)、使うかもしれません。

早く触りたいですねー(^^)
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。