日々適当
hibitekitou

OWCのMercury Helios FXが届きました。

mac |2019-04-02
バカ安と思われるこちらの製品ですが、届きました。


付属品は電源ケーブルとThunderboltケーブルのみ。
んで、この箱の右下に赤いエンブレムが輝きますが、そちら


こちらですけど、Vegaが刺さった状態で出荷されています。んで、そのVegaは


ってことで、MSIのRadeon RX Vega 56 Air Boost 8G OCでした。価格.comでの現時点での価格は5.5万円以上ですから、これが刺さった状態のeGPUボックスが5.9万円で買えたのですから、大変にお得だったと言わざる得ないでしょう。

Mercury Helios FXについては550W電源を搭載しているタイプで(650Wのタイプのものもあるけど、GPUカード付属のものは550W)、カードには375Wまでの供給能力があるようです。
この製品のライバルとしては、うちも自宅に導入している、SONNETのeGFX Breakaway Boxがあると思いますけど、そっちはホストになるPCに対して87Wの電源供給能力があります(550Wと650Wの製品について)。
一方でこのMercury Helios FXのスペックシートにその記述がないのですよね。Mercury Helios FX 650にはスペックシートに"Up to 100W power delivery over Thunderbolt 3 to charge notebook computers that support charging over Thunderbolt 3"ってちゃんと書かれています。してみると、550の方にはその能力がないのかもしれません。

そのこと含めて製品が手元にあるのだから接続して試せよって思うわけですが、付属してくるThunderboltケーブルが短くてですね、MacBook Proに届かないのですよ。ということでまだ電源を入れておりません。
Thunderbolt 3ケーブルは1mほどのが4千円から5千円ほどなので、その分の余計な出費がかかるってことになってしまいましたが、明日あたりApple Storeかヤマダかビックカメラあたりで買って来ましょう(そうするとApple Storeが一番確実かな?)

ってことで、試せる状況になったらまた続きを書きたいなと思います。

<追記>4/5
こちら、ThunderboltポートにHelios FXのみをつないだ状態です。どうも電源供給がされていそうな表示になっていますね。フルパワーでMacBook Proを動かした時にも足りる電力が供給されているかまではわかりませんが、とりあえず対MacBookにはHelios FXのみつないでおけば電源の心配はする必要はなさそうです。

で、パフォーマンスですけど、Topaz A.I. Gigapixelってツールで確認してみました。
まずはHelios FXをつないだ状態。
こんな感じでVega 56だけ使って処理時間が3m10s。
で、Helios FXを取り外して実行してみますと
こんな感じでRadeon Pro 560Xでのみ処理が行われ、処理時間が6m40s。
ただしこの時は電源供給がされていない状態での処理かもしれず、もしかしたらmacOSがパフォーマンスを下げて処理を行ったかもしれないので、後日要検証です。
CPUのみで処理をしてみましたが、同様に電源供給が行われていないかもしれないのですけど、10m30s。
電源供給がちゃんとされていたとするなら、大変満足すべき処理速度の向上といえましょうか。

ってことで、eGPUを認識するツールからではとてもいい感じになってくれているなぁというのが感想でございました。
<追記>
Helios FXを接続し、メニューバーから AMD Radeon RX Vega 56 を接続解除 を実行してGPUの接続を解除した状態でも、Helios FXからのThunderboltケーブルを抜かない限り電源供給が行われていることを確認しました。
ということで、上記実験結果でかなりパフォーマンスが上がりましたというのは、概ね正しい結果と言えそうです。
ついでなのでPhotoshopでGPUを使う系のフィルタを適当にかけて、その実行にかかる時間を計ってみました。
AMD Radeon RX Vega 56が認識されている状態だと20秒で終わる処理が、認識されていない状態だと(Radeon Pro 560Xだと)31秒かかりました。
処理によりますけど、Photoshop作業でも恩恵を受けそうですね。

以下余談。Photoshopで時間計測するためのスクリプトで現在時刻をテキストレイヤーに書き込むって処理をさせたのだけど、そのスクリプトを残しておきます。

today = new Date();

curTimeStr = 'YYYY-MM-DD hh:mm:ss';
curTimeStr = curTimeStr.replace(/YYYY/g, today.getFullYear());
curTimeStr = curTimeStr.replace(/MM/g, today.getMonth());
curTimeStr = curTimeStr.replace(/DD/g, today.getDate());
curTimeStr = curTimeStr.replace(/hh/g, today.getHours());
curTimeStr = curTimeStr.replace(/mm/g, today.getMinutes());
curTimeStr = curTimeStr.replace(/ss/g, today.getSeconds());
//https://www.ipentec.com/document/javascript-format-date-time

doc = activeDocument;
layers = doc.artLayers;

txtLayer = layers.add()
txtLayer.kind = LayerKind.TEXT;
txtLayer.textItem.contents = curTimeStr;

コメント ( 4 )|Trackback ( 0 )
 
コメント
 
 
 
OWCのMercury Helios FXが届きました。 (ponkazu)
2019-04-03 15:07:03
m4gさん
仰せの通りで一応接続できました、
但しPSのパレット用のセカンドモニターが出ません、それもGPUのdisplayポートにDVIからdisplayポートにケーブルをつなはないといけないのですね、DUALGPUで内蔵のを使ってくれれば良いと思うのですが、、、
それでないとGPUの接続解除ボトン押したらなにも映らなくなります、一応またケーブルオーダーしましたが、如何がな物でしょう。
m4gさんがおっしゃった、モニターは普通にサンダーボルト3で繋いでGPUだけ利用した方が良いのか悩むところです。
また検証の結果を教えて下さい。
 
 
 
Unknown (m4g)
2019-04-03 20:38:55
うーん、ちょっと状況がよくわからないのですけど、二枚のディスプレイを両方ともeGPUにつないでもいいでしょうし、1枚はMac miniから直出し、もう1枚はeGPUに接続でも問題ないはずです。(でも1枚はMac miniに直接つないだ方がメンテナンス性は上がるはずです。マシンスタートアップ時はeGPU側に絵が出ないので。)

で、displayport→dvi接続で絵が出ないのだとすればケーブルが怪しそうです。ディスプレイの解像度が2560x1440とかの場合、dual link dvi対応のDP2DVIのアダプタもしくはケーブルが必要ですけど、対応していないアダプタ(ケーブル)を利用してたとしても1920x1080とかで表示されるだけのはずですし、やはりケーブルの相性・品質の問題ぐらいしか考えられないかなぁ、と。
でなければ初期不良の疑いもありで、とりあえずeGPUのどれかのポートで絵が出るディスプレイがあるのなら、他のポートに差し替えてもそのディスプレイに絵が出るか確認して、カードの不都合か否かの原因の切り分けを行う感じですかね。

システムレポートのグラフィック/ディスプレイを確認して、GPUにどのディスプレイがつながっていると認識しているかの確認もしておくと良いかもしれません。

ともあれ、どこに何をどうつないでいるのかがちょっとわからないので、これ以上はなんともでございます(^^;
 
 
 
OWCのMercury Helios FXが届きました (ponkazu)
2019-04-04 13:18:03
m4gさん
お手数かけました。
無事、出力出来ました。
ご推奨に従って、セカンドモニターはminiに直接繋ぎました、その方がeGPUが外れたときにも画面が1枚残るので便利です。実はこの2枚のモニタ
Pro2013と共有で使って居りますので敗戦も複雑で昨日は慌ててしまい間違ったようです。miniが急遽メイン機になったのはPro2013のD500のドライバーがPSのゆがみフィルターでブツブツが出るので使えなくなってでのことです、Miniのインテル内蔵は問題なかったのですがVega56も確認するまで心配でしたが問題なかったようです。ゆがみフィルター、写真屋さんなので、結構使うのです、痩せると喜ばれるので。汗
後はGPUが変わるとモニタの色目が変わるという人がいますが、私らレベルではわかりませんが、一応キャリブレーションの再調整もやります。
PSの起動他、たいしたデータ量ではないですが、体感的にかなりはやくなりました、万歳
いろいろお世話になり有り難うございます。
 
 
 
Unknown (m4g)
2019-04-05 20:42:15
無事に出力できて何よりですね。しかしD500でそんな問題が起こるのはなんなんでしょうか。未だ利用者が多い機種のはずだからAdobeも放置するとは思えないのですけど、謎ですね。
体感的で速さを感じられるようになったのなら大成功ですね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。