日々適当
hibitekitou

Mac Pro はいつ出るかねぇ

mac |2019-06-14

Logic Pro Xのアップデータがリリースされて、その内容に

Mac Pro用にパフォーマンスが最適化され、最大56個の処理スレッドに対応するなどの改善が加えられています

ってのがありますな。

Apple、「Logic Pro X 10.4.5」をリリース[気になる、記になる…]

また今週頭に

新型「Mac Pro」と「Pro Display XDR」、米国では9月に発売?? − 誤記である可能性も [気になる、記になる…]

なんて記事も出ました。その後、「今秋発売」に変更されたということですが。

ところでお宝鑑定団のレポートで

WWDC19のPro Studioで、Mac Pro (2019) について分ったこと #WWDC19 [Macintosh | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)]

Mac Pro (2019)はmacOS Mojaveがインストールされて出荷されますが、macOS Catalinaで実装されるMac Pro (2019)専用のMetal関連が先行して含まれるようで、デモ展示されているFinal Cut Pro XやLogic Pro Xは最適化中の開発版でした。

と書かれており、つまりはCatalinaを待たずにリリースされる模様なんすね。この辺はプロ向けの機械であることから、Catalina以降の対応にするとそれにアプリが対応するまではまともに利用できないことになりますから、Catalinaよりも動作保証をしているアプリの多いMojave向けに出すのは自然なように思われるので信用できるかなぁというか信用したい情報です。

つーわけで、Mojaveが入るなら、意外と早いんじゃないか、それこそ9月に出ちゃうんじゃね?って思ったりしました。

Mac Pro 2013は10.9 Mavericks搭載で出荷されたんでしたっけ。で、今はMojaveが入って出荷されていると思いますけど、結果として古いOSが動作するということで、10.12とか10.13を入れて動かしているところも多いかと思います。Mac Pro 2019ではその下限がMojaveということになるのかもしれませんけど、出荷当初はMojaveが入って出荷されるとしても、ある時期からCatalinaになるでしょうから、そうなった時、Mojaveを入れることが可能なのか(ダウングレードは可能なのか)、そこは興味あるところですね。

時期を分けてMac Pro 2019を複数台入れる予定があるところは、とりあえずMojaveが入っているうちに一台でも手に入れておいて、そいつからOSを移植する手段を構築しておく必要があるのかもしれません。まぁ、T2チップで暗号化されたドライブに対してそれが可能なのかわかりませんけど…。(個人利用のMacBook ProやMac miniがT2だから、その辺の状況をちゃんと確認しとかないとなぁ…)

コメント ( 11 )|Trackback ( 0 )
  ・