季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花「日日草(にちにちそう)」

2018-11-17 04:32:25 | 暮らし
名言名句(428)

「近年分限になる人の子細を聞に、其家によき手代あり、

是等がはたらきゆえなり。又家栄へたる人の俄におとろへるを聞ば、

是又其家の手代どもが仕かたゆへなり」『井原 西鶴』



ビジネス社会における昼間管理者の働きで、一つの企業が成功するか

どうか、手代は、現代のこの多くの昼間管理者にあたります。中間管

理者(または監督者)の役割は、一つの会社なら会社の社運を左右す

るということです。いかに上司に使われ、そして部下を使うか、とい

ったことに、昼間管理者の命運、それに会社の存亡が賭けられている

と言ってもいいでしょう。官庁にしても同じことが言えます。人は使

われるのも難しいが、また使うのも難しい、ということで中間管理職

のための研究が随所で行われています。ここに掲げたのは、寛永19

年(1642)に大阪に生まれ、元禄6年(1693)に亡くなった井原

西鶴の町人物『西鶴織留』にある言葉です。

==========================

11月から咲いている花「日日草(にちにちそう)」

西インド原産。
・梅雨の頃から秋まで咲き続ける。
・日々新しい花に
 咲き代わることから
 この名前になった。
 また、それぞれの花は
 1日花ではなく3~5日はもつ。
・日照りや乾燥にも強い。

・別名
 「日日花(にちにちか)」

・7月8日、9月17日の
 誕生花(日日草)
・花言葉は
 「生涯の友情、優しい追憶」
       (日日草)

(季節の花300より)


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 季節の「花秋明菊 (しゅうめ... | トップ | 季節の花「ネリネ」 »
最近の画像もっと見る

暮らし」カテゴリの最新記事