季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

東目筋・大口筋⑥

2007-10-31 07:21:00 | インポート

竜門司坂には464mにわたった石畳が敷かれているが、これは江戸中期の元文六年に加治木島津家第四代の久門(ひさかど)が、薩摩藩の指示により造ったものと言われている。
明治十年に西南の役が始まる際、西郷隆盛は「行ってこもんで」と一声を発し、賑やかな三味線に見送られて、この道を熊本に向かったと伝えられている。

竜門司坂の先は、薩摩焼の「龍門司焼」で知られるところである。
最寄りの駅=JR日豊本線・鹿児島駅、重富駅、加治木駅。


10月より咲いている花「藤袴」

開花時期は、10/  1頃~11/25頃。 
・小さいピンク色の花がたくさん咲く。        
   
・花の色が藤(ふじ)色で、花弁の形が       
  袴(はかま)のようであることから         
  この名前に。                             

・全体に桜餅のような香りがする。           
・平安時代の女性は、これを干した茎や       
  葉っぱを水につけて髪を洗った。           
  また、防虫剤、芳香剤、お茶などにも       
  利用した。                               
・葉が3深裂するのが特徴。ほとんど別の     
  葉っぱのように見えて、元は一つの葉です。 
・秋の七草のひとつ。 

(季節の花300より)

                      

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 東目筋・大口筋⑤ | トップ | 国頭・中頭方西海道 »
最近の画像もっと見る

インポート」カテゴリの最新記事