季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

東目筋・大口筋

2007-10-25 06:14:22 | インポート

9月に咲いていた花「彼岸花」

開花時期は、  9/15頃~  9/  末頃。     
・原産地中国。                                 
・ちょうど秋のお彼岸の頃に咲く。               

・突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ、   
  数日で花が終わって茎だけになる。             
  花が白い種類もある。                         
  (白花曼珠沙華(しろばなまんじゅしゃげ))。 

・花のあとで葉が伸びてくるが、冬と春を越して   
  夏近くなると全く消えてしまう(不思議♪)。   
  花と葉を同時に見ることはできない。           
  葉のあるときには花はなく、                   
  花のときには葉がない。 このことから          
  韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶ。       
  「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から。
 ・
・根のところにはリコリンという毒があるが、     
  この毒は水で何回もさらせばとれるので         
  昔の人はこの根の部分からデンプンをとって     
  飢饉の際の食料とした。                       
・田んぼのあぜ道や土手に多くみかけるが、       
  これはノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、
  彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐ、   
  という説と、                                 
  彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に   
  植えてあぜの作りを強くするため、             
  などの説がある。                             
                                               

・別名  「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)。       
        ”天上の花”という意味。               
  おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から   
  ふってくるという仏教の経典による。           

・「道の辺(へ)の  いちしの花の               
      灼(いちしろ)く  人皆知りぬ             
        わが恋ふる妻」    万葉集               
          (いちしの花=彼岸花、といわれる)   


・東京周辺の見どころ                           
  <巾着田(きんちゃくだ)>                   
        埼玉県飯能(はんのう)の近くにある、   
        高麗川(こまがわ)沿いの水田。         
        日本一の規模の彼岸花群生地として       
        知られる。                             
        まさに一面の彼岸花。圧巻です。         
        花見頃9月下旬。                       
        埼玉県日高市高麗本郷。                 
        最寄駅 → 西武池袋線高麗駅  

(季節の花300より)