情報灯台でお馴染み、彩の国埼玉の松ちゃんの若さと健康を追求する日記。

愛と夢と金について、ホームページ情報灯台を通じて社会を見つめ生き方を考え、人生の真髄を追求する趣味の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

廃棄物画像追跡サービス「産廃上手」ってなにや?

2007-05-17 07:44:50 | Weblog
埼玉県とNTT-MEが連携し、廃棄物適正管理に向けた取り組みを開始しました。
その内容は、産業廃棄物の発生から最終処分までの状況を適正に管理し、
電子マニフェストの信頼性を更に高める有効な手段として、
デジタル画像とGPSを組み合わせた廃棄物画像追跡サービス「産廃上手」を
日本で初めて埼玉県(行政)が使うことを発表しました。

埼玉県では、年間約1,100万トンもの産業廃棄物が排出されます。

そして廃棄物の不法投棄は大きな問題になっています。

そこで廃棄物の適正処理を推進するには、廃棄物の発生から最終処分までの状況を
透明化することが必要になるわけです。


皆さん、わかりましたか?・・・・・



簡単に説明しましょう。

廃棄物とは、ゴミです。
廃棄物は、三種類あります。
一般廃棄物(家庭)、産業廃棄物(企業)、特別管理産業廃棄物(有毒物)です。
これらの物が不法投棄されては困ります。
ここで「産廃上手」君登場です。
使うものは、パソコン、インターネット、携帯電話、デジカメ、GPS等を使って
ゴミを運び出すところから処理業者に引き渡すところ、そして処分完了までを
すべて画像に残すということです。
したがって不法投棄などを行った業者は、記録をみればすぐにわかってしまうということです。もちろん処理業者は、このサービスを利用しなければならないわけですが、今までのようにマニフェスト伝票処理に苦労せず便利になることでしょう。




コメント   この記事についてブログを書く
« ♪夏も近づく八十八夜・・・ ... | トップ | 麻疹(はしか)が大流行です... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事