海老名市& 綾瀬市で 雅書道 ・*:.。.雅芳(gahou)

教室の様子や日常のなかでの思いなど・・。*綴りたい

書道と花メンバー親睦会

2019-06-14 07:57:58 | 


トンネルをくぐると


鎌倉文学館が
見えて来ます。

梅雨の晴れ間でも
青い空と
ヒンヤリと清々しい風が

心地良く
肌をさすります
建物の中からと
ベランダから


由比ヶ浜を臨み
相模湾が
遠く見えます





バラは、もう終わりに近く
数少ない中でも
香りが漂い
優雅な散策を


偶然にも前夜テレビで
菅原孝標女のヒストリーを
見たばかりで

鎌倉文学館に縁ある
三島由紀夫の[豊穣の海]が

平安時代の貴族の女性。本名は伝わっていない。 10歳頃から50歳頃までの人生を回想した『更級日記』の作者。更級日記御物本奥書から、『浜松中納言物語』からの影響を受けて

書いたとも話しをしていて

筆跡や書も拝見

感動のミニ旅でした。

見ていただきありがとうござい
ございます。



雅 芳



#鎌倉文学館
#三島由紀夫
#バラ
#文学


コメント   この記事についてブログを書く
« かきかた | トップ | 学習指導要領が変わります »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事