ひろの映画見たまま

映画にワクワク

娼婦の羽

2010-04-18 19:07:25 | 韓国映画
韓国映画だが、舞台は北アメリカ。

出てくるのは、韓国人もいるが、アメリカ人、黒人、日本人などさまざま。当然言葉も国際的。

三つの物語。20代、30代、40代の、いわゆる春をひさぐ韓国人女性の物語だ。

ロス、ラスベガス、アラスカと、アメリカらしい風景がふんだんに出てくる。

女性は、それぞれ、人生を引きずって生きていて、

一人で生きていく、ある意味ではたくましい。

だが、男に弄ばれ、必死で生きていく。

それぞれ愛を求めているが、結局幻。

ラストは、極寒のカナダで、雪原を素っ裸で去りゆく鮮烈な場面もある。

風景に流され、物語は断片的なので、結構わかりにくい。

これが初めての監督だという韓国人の作品だ。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« あにょん由美香 | トップ | アリス・イン・ワンダーランド »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
娼婦の羽 (こみゅ)
2010-04-28 11:02:49
見てみたい気もする

コメントを投稿

韓国映画」カテゴリの最新記事