ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「クリティカル・ブロンド」、凶悪テロリストと元女スパイ!

2019-07-20 17:14:37 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆★

凶悪テロリストと元女スパイ。殺られるのはどっちだ!?がうたい文句だが。

CIAエージェントのケリーはテロに関わる任務中に重傷を負い、昏睡状態で戻ってくる。CIAは非常に危険な方法で、ケリーの脳から情報を抜き取ろうとするが、
ケリーの妻で元CIA諜報員でもあるテスは拒否をする。テスは夫に何があったのかを自分で探り、NY、ヴェネツィア、香港、ベトナム…12都市爆破テロの脅威が迫っていることを知る。
そして、CIA内部にも裏切り者がいることを突き止めた彼女は、決死の反撃を開始するが……。

昏睡状態のCIあエージェントの脳内情報が、駆け巡る。

世界12か国同時テロの情報が。

何しろ、取り留めなく、世界の中で、傷ついたエージェントが、倒れ込む。そこは、砂漠であったり、雪の中だったりと、脈絡のない映像。

これが延々流されるので、見る方は全くついていけない。

まさに自己中映画。

宣伝は、元女スパイの活躍をうたうが、それは、エージェントの妻で、彼女自身も脳内情報が駆け巡る。

まあ、スタイリッシュで、インテリジェンスを匂わせるが、意味不明の映像が続き見るものを苦しめる。

これぞ、マイナス点の映画だ。



コメント   この記事についてブログを書く
« 「さらば愛しきアウトロー」... | トップ | 「宵闇真珠」、開発でつぶさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事