ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「沈黙の終焉」、セガール引退か?

2019-04-22 19:02:39 | 映画

おすすめ度 ☆☆★

セガール好き ☆☆☆

イギリス・ハンガリー・フィリピン合作

「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

FBI捜査官ジェイク・アレクサンダー(スティーブン・セガール)が自らのチームを率いて悪と戦うアクション。

製作国が複数あるように、舞台はまさに国際的。フィリピン、カンボジア、ミャンマーと、さらに今回は、美女がたくさん参加。

エロ、グロは控えめだが、臓器移植とか、首をかき切るとか、かなり危ない世界

仲間を殺された復讐話だが、チームを率いるセガールがかっこいい。

スタントなしというが、セガールのシーンは、場面の切り替えでスピードを保っている。

時に挿入される音楽はアップテンポで、美女の登場。なかなかスマート。

85分の中尺ものだけに、見よい。

多くを期待しない方がいい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「全員死刑」、お前ら全員ぶ... | トップ | 「ヘレディタリー 継承」、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事