ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ダンケルク」、三つの視点から描くダンケルクの戦い!

2017-09-13 18:35:48 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞)

第二次世界大戦、ヨーロッパ。

ドイツ軍の進撃に押されて、フランス領内のダンケルクに逃げ込んだ連合軍。

イギリス国民の世論に押されて、時のチャーチル首相は、撤退を決めるのでした。

そしてあらゆる船舶を動員して救助に当たったのです。

だが、前線の兵士は知る由もなく、砂浜に長蛇の列を作り、ドイツ軍の砲撃を浴びては、死んでいくのでした。

冒頭兵士が、敵の攻撃を受けながら街を海辺へ移動するシーンから。

そしてこの陸上の兵士の逃げ惑う恐怖と、

政府に徴用され、お国のためと老体に鞭打つ小舟の船長。

そして、空から、ドイツ軍戦闘機と戦う勇敢なイギリス兵士。

それぞれ、一週間、一日、一時間と時間軸は異なるが映画は並行して描かれ、作品に膨らみを与えている。

そしてCGを使わない監督の意地で、船が攻撃され沈没する恐怖がひしひしと伝わって、音響効果と相まって胸が高なる。

1500人のエキストラを使って30万人の避難者を描く、膨大な兵士たちは、作戦の困難さをいやがうえにも高める。

敗戦でありながら、ラストは勝利感さえ覚える高揚だ。

特に、印象に残るのは、水とのたたかいだ。手に汗握る展開だ。

壮大な戦争叙事詩。まさに。いろいろ考えさせられる。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 富山へ行った! | トップ | 「バッド・バディ!私とカレ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三つの時間軸 (iina)
2017-09-20 12:12:37
時間軸を「陸」1週間、「海」1日、「空」1時間にして、同じ終点に向けて突っ切る手法は、見終えてブログで知るところとなりましたが、脱出劇を巧く描いたものです。

> 敗戦でありながら、ラストは勝利感さえ覚える高揚だ。
美しいエンディングに持っていきました。^^

ダンケルク (ひろ)
2017-09-20 12:55:15
コメントありがとうございます

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

ダンケルク (ネタバレ映画館)
てめードイツのスパイだろ!さっさと降りろ!
ダンケルク / DUNKIRK (勝手に映画評)
第二次世界大戦の序盤、破竹の勢いで勝ち続けるナチスドイツの勢いに押された連合軍が、ヨーロッパ大陸から必死の撤退を行うダイナモ作戦を描いた作品。 『ダークナイト』『イン......
ダンケルク  監督/クリストファー・ノーラン (西京極 紫の館)
【出演】  フィオン・ホワイトヘッド  マーク・ライランス  トム・ハーディ 【ストーリー】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の......
映画:ダンケルク Dunkirk 「撤退」を描く異色の戦争映画、かつノーラン流「時間軸の多層...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず戦争映画のジャンル史上、画期的な企画。 何と「撤退」がメインプロット! ドンパチというよりは、一方的に攻撃される主人公たち... このため、非常にテンション高いシ......
映画:ダンケルク Dunkirk 感想その2 「時間軸の多層構造」部分のディテール × 3、に...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨日、感想をアップしたが、まだ書き足りてないことに気づき、追加。 基本、 ・「撤退」を描く異色の戦争映画 ・かつノーラン流「時間軸の多層構造」 ・最後には感動させら......
ダンケルク (もののはじめblog)
「重陽の節句」の9月9日公開日に、クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』<THX方式>を観てきた。  この前日に、「関ケ原」を観たので、二日連続しての映画鑑賞......
「ダンケルク」 (或る日の出来事)
ドイツ軍の飛行機は不足していたのか?