ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「アクト・オブ・キリング」、インドネシアで行われた大量虐殺!

2014-04-24 17:06:04 | 映画
おススメ度 ☆☆☆

 大虐殺という現実に起きた暗い闇。それだけにこの映画は、暗く、やるせない。

冷戦時代の1965年、インドネシアのスカルノ大統領が失脚、軍部が権力を握る政変があった。そして、その後、共産党というだけで100万人が虐殺された。

虐殺の実行犯たちは、政府の命(間接的にだが)で実施しただけに、罰せられることもなく、今も要職にあったりする。

デビ夫人が、虐殺の事実を日本人が認識できてよかったと言っていたというが、たしかに、この手の話は、日本では初耳だ。

執行者の一人は、ヤクザで、映画好き、ヒーローになったつもりで虐殺したという。

大体、ヤクザか、これに絡んだ青年隊が実行犯だったらしいが、いまでも、のうのうとテレビに出て殺しを自慢する、そいう社会なのか、インドネシアは。

この映画は、虐殺事件を被害者側から追おうとした監督が、まったがかかって、逆に加害者を取材することに。

簡単な端緒から、加害者が事件を映画化したいと乗り気になってできたのが本作。(この映画自体はドキュメントです)

前半は、いろんな登場人物が、それぞれの立場で発言し、青年隊の行事までうつされて、、まとめきれずちょっとおいていかれる。おまけに選挙運動まで登場。

後半になって、集団虐殺事件や、加害者が被害者を演じたりして、核心にはいる。

虐殺に手を貸したものは、その思いで苦しめられるのか?

それとも、世界共通の問題として開き直れるのか?

魚のレストランとフラダンスに何の意味があるのだろうか?

いずれにせよ、虐殺事件の当の本人が、映画に出演という前代未聞のこの映画。価値ある存在であることは確かだが。



 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「劇場版 ATARU THE FIRST ... | トップ | 「エンドオブウォッチ」、緊... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アクト・オブ・キリング (大正の黄門)
2014-04-24 23:17:40
今日見ました、話が進行して行く内に徐々に腹立たしくなりました。
特に背景に滝の有る場面で殺された人達が虐殺加害者に記念メタルを掛け天国に召されてありがとうと礼を述べる。最後に嘔吐の場面も嘔吐の回数にすると衣服に汚れがまったく見られない。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事