ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「真白の恋」、軽度の知的障碍者真白の切ない初恋の物語!

2017-12-25 17:25:06 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆★

純愛映画好き・富山好き ☆☆☆☆

自転車屋の娘で、店番をしている真白。軽度の知的障害。

富山県射水市、日本のベニスと言われるこの町が舞台。仰ぎ見れば立山連峰。

兄の結婚式の日に、偶然会った東京から来たカメラマン。誤って自画撮りをした真白。

後日カメラマンは、川べりを自転車で走る真白を見つけ、近くの山へ道案内を頼む。

カメラマンは、休みをもらって、富山の風景を写真に収めていた。

近づきになった二人は、立山の朝景色を写真に撮ろうと約束する。

だが、家庭に計画がばれて、妨害される。

「普通になるにはどうしたらいいの」と、障害であることを嘆く真白。

親たちは、真白のことを想って行動するが、ちぐはぐ。

後半、ままならない恋の行方に、真白は悩む。

なんともピュアな恋心と、障碍者という越え難い壁。

富山(立山を含む)の景色の美しさが物語を引き立てる。

今年夏富山を訪れているだけに身近に感じる。

脚本家の弟が軽度の障害ということで、かなり描写に真実味がある。

高崎映画祭ほかで、絶賛された。

真白を演じる佐藤さんは劇団員。あまり出てないだけに新鮮。

ご当地映画だが、その匂いは消されている。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 「ミッション・ワイルド」、... | トップ | 「ディストラクションZ」、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事