ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」、チリの国民的文学者の物語!

2018-07-31 16:02:04 | 映画

おすすめ度 ☆☆★

チリ・アルゼンチン・フランス・スペイン合作  PG12

チリは、南米大陸西海岸の細長い国だ。独立してからもペルーやボリビアと戦争しており、仲は良くない。

太平洋戦争時は、日本と戦ったが、こちらにはその意識は薄い。

本映画は、その太平洋戦争後、間もなくの時代。急進党からガブリエル・ゴンサレス・ビデラ政権が誕生。ソ連を排除しようと共産党は弾圧される。

ネルーダは、文学者であり、共産主義者であり、政治家でもあった。冒頭議会での活躍が描かれる。

だが、この映画の主体は、ビデラ大統領に追われるネルーダの話で、一人の刑務官がネルーダを追いかける。

この逃走劇が小説になり、それがノーベル賞へとつながる。

文学者としての評判は高いが、国家体制が不安定なので、どうなのだろう。

追いかける刑務官のナレーションで話が進むという、特異系。

ラストは雪原での出来事に。

美しいチリの風景が背景にあり、ネルーダの女好きが映画の幅を広げている。

ただ、いまいち、チリのこともネルーダのことも、知識がないので、映画の良さも半減。

 

 


 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 「ゲット・アライブ」、 冴え... | トップ | 「劇場版コード・ブルー ド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事