ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「栄光のランナー 1936ベルリン」、ベルリンオリンピックで4冠を達成したジェシー・オーエンスの物語!

2017-05-28 16:35:00 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆☆★

スポーツ映画好き ☆☆☆☆

フランス・ドイツ・カナダ合作

監督は、「プレデター2」のスティーブン・ホプキンス。ジャマイカ生まれのイギリス人。


1936年、ベルリンオリンピックで、陸上短距離、走り幅跳びで4冠を達成したジェシー・オーエンスの物語だ。生い立ちから、オリンピック出場までの物語だが、人種差別問題にも触れているので134分の長尺となった。

エンドロールで、実在した人々の映像が流れる。

ジェシー・オーエンスが、黒人であるところが、この映画のもう一つのテーマとなっている。

1936年といえば、ドイツではヒットラーが台頭。

ゲルマン民族優位のプロパガンダに利用しようともくろんでいた。

アメリカでは、まだ黒人差別の強い時代。

政治が、スポーツに絡んではいけないが、どうしても時代が許さなかった。

そんな中、自らの能力を信じて、さまざまな差別と戦い抜き、国に残した父母と妻、コーチのはげまし、相手選手のアドバイスなどのバックアップを得て、競技に挑む。

3冠達成した後、予期せず400mリレーへの出場が決まり、第一走者として見事役割を果たし優勝する。

オリンピック終了後、差別は残っており、苦労するが、やがて、年を経て報われることとなる。

競技自身の時間は、きわめて短いものだが、うまくドラマで盛り上げ、スポーツ映画としてもすぐれている。

オリンピック会場に、飛行船が現れるシーンは圧巻だ。

ジェシーは、ステファン・ジェームスが演じている。

 

 



コメント   この記事についてブログを書く
« カンヌ映画祭で、河瀨直美監... | トップ | 「華麗なるリベンジ」、ファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヨーロッパ映画」カテゴリの最新記事