ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ワンダーウーマン」、最強の女戦士!

2017-08-28 19:12:16 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞)

アクション映画好き ☆☆☆★

アメリカアクション漫画を二分するマーベルコミックに対する、DCコミックスに新しいヒロインが誕生した。

新星ガル・ギャドット(ほかの作品ですでに日本お目見え)。

なにしろ、強いワンダーウーマンが誕生した。

アメリカで公開されるやヒット。

そもそも、ガル・ギャドットは、177センチの長身、イスラエル人であり、兵役もこなしている。

(ただ、イスラエル人としてのコメントが、やや物議をかもしている)

その美貌とスタイリッシュさはまさに神がかりの戦士だ。

女性だけの島でプリンセスとして活躍する前半と、第一次世界大戦に巻き込まれる後半とに分かれる。

後半のドラマ部分は、ちょっと活舌が悪く、上映時間の長さも手伝ってだれる。

ただ、ギャドットの出現は、今後の活躍が期待され、楽しみだ。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« ロシア旅行 (ウラジオスト... | トップ | 「ボヤージュ・オブ・タイム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

ワンダーウーマン (ネタバレ映画館)
シュメール語を理解できる貴重な女性を前線に送っちゃダメ・・・
「ワンダーウーマン」 (ここなつ映画レビュー)
予想外に面白かった。「予想外に」なんて書くと、全てのDCファン、アメコミファンから袋叩きに遭うのかもしれないが、個人的な思いとして、もうDCやマーベルのアメコミ系はいっか......
ワンダーウーマン (だらだら無気力ブログ!)
ガル・ガドット、かっけー。
ワンダーウーマン(日本語吹替版)  監督/パティ・ジェンキンス (西京極 紫の館)
【出演】  ガル・ガドット(ダイアナ/声:甲斐田裕子)  クリス・パイン(スティーブ/声:小野 大輔) 【ストーリー】 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生......
映画:ワンダーウーマン Wonder Woman DCコミックス物第三のスーパーキャラが登場!(なの...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NY渡米時にちょうど公開されていたが「どうせアメコミヒーロー物」とスルー。 というのは、もうMARVELでさえウンザリ! なのに、DCコミックス物。 「バットマン vs スーパーマ......
ワンダーウーマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ワンダーウーマン』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、本作の主人公のダイアナ(ガル・ガドット)......
「ワンダーウーマン」(1回目) (或る日の出来事)
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。