ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「皇帝ペンギン ただいま」、最新鋭のデジタル4Kカメラやドローンを駆使して撮影!

2019-02-07 14:41:47 | フランス映画

おすすめ度 ☆☆☆★

アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した「皇帝ペンギン」の12年ぶりとなる続編。

ペンギン全種の中で最も寒冷な環境に適応しており、親鳥は餌を採るため150~1000キロも移動するなど、最も過酷な子育てをする鳥とされる皇帝ペンギン。

一組の夫婦が子供を授かり、育てていく過程を丁寧に描写。

最新鋭のデジタル4Kカメラやドローンを駆使して撮影を敢行。

南極海では史上初となる水深70メートルの水中撮影に挑み、透き通る海中を飛ぶように狩りをするペンギンたちや、氷海下に生息する様々な生物たちの貴重な姿を捉えた。

皇帝ペンギンは、すでに映画化されおり、特に目新しいものではないが、今回は、撮影機材も一新。

また、中盤からの海中シーンは、見事。

それにしても、なぜこの過酷な自然にあえて挑んでいるのか不思議な世界である。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「ジュリアン」、DVパパの恐怖! | トップ | 「一級機密」、実際にあった... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フランス映画」カテゴリの最新記事