ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」、視覚障碍者のありえない実話!

2018-07-24 13:44:05 | ドイツ映画

おすすめ度 ☆☆☆★

実話好き ☆☆☆☆★

PG12 お色気シーン

95%の視力を失いながら「5つ星ホテルで働きたい」という夢のために大芝居を打った学生の実話。

途中、5%しか見えない映像の描写で、こちらも5%しか見えない状態が実感できる。

実話と言いながら、実によく練られた脚本で、隅々に気配りがされている。

同じ試験を受ける同僚に助けられ、山を自転車で下る冒険も。

ただ、見えない視力で、幼児を預かる冒険は、いただけない。

しごきの教官も出現して、ドラマは盛り上がる。

一方、恋人も子持ちバツイチ。

無理をしないところがいい。

ただ、結婚式で大失敗のあたりの描写はドラマとはいえ、きつい。

主人公は、ドイツ人の母とスリランカ人の父を持つ。演じるは、エスニックな野性味と端正
な甘いマスクが魅力のイケメン俳優コスティア・ウルマン。


 





コメント   この記事についてブログを書く
« 「母という名の女」、それは... | トップ | 「ドリス・ヴァン・ノッテン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドイツ映画」カテゴリの最新記事