ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「移動都市 モータル・エンジン」、都市が都市を食う、圧倒的な近未来!

2019-08-12 13:59:13 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

日本の劇画「ハウルの城」などを思い起こさせる都市の映像。

イギリスの作家フィリップ・リーヴの小説「移動都市」を原作にしたSFファンタジー。人々が巨大な移動都市に暮らす世界を舞台に、ある目的のために移動都市に潜入した少女ヘスターの戦いが描かれる。

圧倒的な力で地上を支配しようと進撃を続ける巨大都市、ロンドン。住人は優雅な暮らしをしながら、他の都市が喰われる様を嬉々ととして見物している。

中盤からは反移動都市同盟の中心メンバー・アナがヘスターを救出しにやってくるんですが、なんか一人だけ小ぎれいなヘアースタイルで全身赤のエナメルスーツ着て、一人マトリックス的オーラを醸し出してまして。

母親の敵を討つ少女に加担。

壮大な割に話がこじんまり。

ある意味既視感のするSF映画だ。

まあ映像はきれい。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「喜望峰の風に乗せて」、コ... | トップ | 「ボーダーライン ソマリア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事