ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」、鬼母を許せるか?

2019-05-25 14:57:41 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

母物好き ☆☆☆★

原作、小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイ。

歌川たいじはゲイを宣言。自らの体験をエッセイに。

吉田羊の鬼母ぶりが、真に迫る演技。特に幼少期はすごい。

成人になったタイジを大賀が好演。

近所のおばあちゃんが唯一の救い。木野花が熱演。

成人したタイジは、演劇にはまり、ここでの仲間が励ましてくれる。

結局、再婚した男が借金を残して死んだことにより、やっと目覚める母親。

母親も、親から虐待を受けていたとか。

ハートフルな映画だが、虐待シーンは気分を重くする。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「居眠り磐音」、松坂桃季主... | トップ | 「おとなの恋は、まわり道」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事