ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「寄生獣」、右手を寄生獣に占拠された高校生の大奮闘

2014-12-01 19:18:33 | 日本映画

おススメ度 ☆☆☆

SF青春映画&漫画好き ☆☆☆☆


謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」の映画化。(連載終結から20年が経つ、一時はアメリカに映画化権があった)

寄生生物(パラサイトという)が、人間の脳に入り、乗っ取ってしまうという恐怖。さらに、人肉を食べて生きるというから、大ショックの物語だ。

実際、人肉を食べるシーンもあり、グロテスク。R+12だが。

ただ、この映画の主人公は、たまたま、パラサイトの脳内への侵入を防ぎおかげで、右手にパラサイトが寄生するという、半人間、半パラサイトという中間的存在になる。

そこで、人間を食するパラサイトを攻撃し、パラサイトのいない世界をと奔走する。

だが、まず学校、そこに新任女教師、彼女がパラサイト、ただ、お腹に子供を宿しているためパラサイトの行動はとらない。

しかし、新一に二人のパラサイトを紹介。この二人とバトルが勃発。

一人は、一端やっつけるが、母親に乗り移り、母パラサイトとの攻防になる。これは、母に対する半パラサイトの行動を探るためだ。

もうひとりのパラサイトは、転校してきた同級生。これが猛烈に暴れ出し、校内が殺人の渦に。半パラサイトは超人的な活躍をする。それは、恋人未満の同級生がいたからである。

で、ここから話は大きくなるのだが、それは、後編のお楽しみで来年まで持ち越し。

漫画でその原型は見て取れるが、それが見事なSFXで、予告編でおなじみになっているが、寄生獣は見事な造形。顔が割れて、花弁のような開き方をして、相手にかぶりつく、ぎょっとさせられる。

新一を染谷将太が演じ、その寄生獣を阿部サダオ(声だけの出演)。先生が、深津絵里(これがまた怖い)。

後編は、いろんな役者が出てくるみたい。楽しみだ。

コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 「恋愛の温度」、韓国の痴話... | トップ | 菅原文太 兄貴も逝ったか »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

寄生獣  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  深津 絵里  阿部サダヲ(ミギー:声)  橋本 愛 【ストーリー】 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一に寄生す....
寄生獣 (映画的・絵画的・音楽的)
 『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公・新一(染谷将太)は、母親(余貴美子)の女手一つで育てられてきた高校生。  ある日、彼の...
「寄生獣」 対照的な二人 (はらやんの映画徒然草)
前日に「神さまの言うとおり」を観てしまったため、ちょっと既視感があったなあ。 最
寄生獣 (銀幕大帝α)
2014年 日本 109分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2014/11/29) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『パレード』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダヲ...
今、寄生虫なんだ  (もののはじめblog)
           【今、帰省中なんだ】 と 送ったつもりが誤変換 。  只今、「寄生獣」公開中
寄生獣 (いやいやえん)
【概略】 普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。 SF 原作は言わずと知れた漫画界の傑作。私も持ってて集めてましたもん。深いメッセージ性と心理...
『寄生獣』を109シネマズ木場3で観て、咀嚼しきれない感ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★殊更に悪い訳ではないのだが、何か一つマンガのように親身になれない】    なんでっすかねー、と答が出てないのだが、 普通に考えて上出来に近い筈なんだ ...
寄生獣 前編 (単館系映画と舞台)
寄生獣 ユナイテッド・シネマ浦和 11/29公開 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に 擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。 そのうち ...