ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ボーイ・ミッシング」、少年の失踪事件で奮闘する母親弁護士!

2018-01-04 10:46:20 | スペイン映画

おすすめ度 ☆☆★

サスペンス映画好き ☆☆☆

『永遠のこどもたち』のスタッフが手掛けたスパニッシュサスペンス。

聾唖の少年の失踪事件、少年は助かり、容疑者を指摘するが、警察は嫌疑不十分で釈放してしまう。

これに腹を立てた母親の弁護士は、息子の父親(結婚はしていないみたい)に頼んで容疑者を痛めつけてもらおうと。

ところがその依頼がとんでもないことに。

二転三転。

母親の愚かさが目立ちすぎ。

サスペンスというよりも、愚かな母親の空回りの奮闘が目立って、それも、悪の道へ転落。

途中展開が読めず、ハラハラさせられますが、そこまで。

母親役は、「抱擁のかけら」のブランカ・ポルティージョ。

 

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ターシャ・テューダー 静... | トップ | 「二重性活 女子大生の秘密... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スペイン映画」カテゴリの最新記事