ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「シン・ゴジラ」、庵野秀明が総監督した、新ゴジラ!

2016-08-06 17:33:05 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆☆

ゴジラ好き ☆☆☆☆☆

庵野秀明の徹底した映画つくりが成功。

真ゴジラは、素晴らしい。

東京湾で無人で漂流しているレジャーボートが見つかる。海底火山とも思われる爆発が起き、アクアラインの海底トンネルの天井の一部が崩れて浸水する。

やがて姿を現した巨大生物真ゴジラ。蹴散らして多摩川をさかのぼる。

冒頭に、やんちゃな姿の若いゴジラを登場させ度肝を抜く。中国の竜踊りの竜を思わせる愛嬌あるゴジラ。

だが、その力強い歩みに、日本の政官界は度肝を抜かれる。

神戸や東日本の大震災を経験した日本、危機管理は大丈夫なのか。

今まさに、憲法論議が再開されようとされているときに、これはいい教訓だ。

右往左往している政官界のようだが、集団指導体制は徐々に効果を発揮せしめる。

この辺の演出のうまみは、たくさんの人を登場させ、むつかしい技術用語もものかわ、高射砲張りに早口でしゃべり、官職などのテロップも読み込みを越えたスピードで展開される。まさにこの辺は大まかに見ろの暗示。

やがて、ゴジラの素性が明らかになり、一端は海へ戻ったゴジラが、さらに成長して襲い掛かってくる。

最近の映像技術を駆使、大迫力のゴジラ対日本の争いだ。

自衛隊の協力もあり、日本の防衛システムが大活躍。

一方、鉄道技術も活躍、技術大国ニッポン。

後半は、原爆なども絡んで、国際的な動きも、だが、日本の技術が奮戦!という成り行き。

長谷川博己と竹野内豊が、内閣の主要ポストで登場、解決に当たる。

石原さとみが、米国大統領特使という役柄で色を添える。

なんといっても骨太で、現代的なテーマを含んでおり、語りつくせない映画だ。


コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 「トランボ ハリウッドに最... | トップ | 「アルビノ」、禁断の映像、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怖いゴジラ (もののはじめのiina)
2016-08-16 11:25:14
真ゴジラが、怖い本領を発揮しました。

後のゴジラは、観光資源になりそうです。でも、またぞろ動き出しそうですネ。

エヴァンゲリオン巨神兵を特撮博物館で見学しましたよ。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/649d3d5b5de62b7bb2cefc29d45d0afd

ありがとうございます (ひろ)
2016-08-16 13:29:17
コメントありがとうございます

特撮博物館があるのですか。

東京はいいですね。

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)......
シン・ゴジラ (Akira's VOICE)
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!  
シン・ゴジラ (映画的・絵画的・音楽的)
 『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに......
映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しん......
シン・ゴジラ (もののはじめblog)
国内シリーズとしては29作目となる12年ぶりの新作『シン・ゴジラ』が公開された。 東京ドームの野球観戦時に突然ゴジラ宣伝をされて、タイトルに「シン」が冠されているので、どこ......
シン・ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
[映画『シン・ゴジラ」を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きま......
映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決......
シン・ゴジラ (銀幕大帝α)
SHIN GODZLLA 2016年 日本 119分 SF/特撮/ミリタリー 劇場公開(2016/07/29) 監督: 庵野秀明(総監督) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.』 樋口真嗣 ......
映画『シン・ゴジラ』評――修羅が再び日本を壊す・後編 (徳丸無明のブログ)
(前編からの続き) さて、それではこの批評は、中途半端な尻切れトンボの終わり方をしてしまうのか。 結論めいたものを導き出すのは難しそうだが、いくつかの推測は提示できそう......