ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「羊の木」、6人の殺人犯が魚深市に放たれた!

2018-08-26 18:46:51 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆★

山上たつひこ原作・いがらしみきお作画の同名コミックを実写映画化。

場所は、魚深市(撮影されたのは富山県の魚津市)。

殺人犯6名を、過疎地に定住させるという国家プロジェクト。

この事業を任された市役所職員月末(錦戸亮)。

前半何も知らされない月末が、それぞれを出迎えるシーン。

途中刑務所があったりして、何か不穏な空気を察するが、淡々と仕事をこなす月末。

だが、それぞれの場所で問題を起こす。

 

そして、市に伝わる「のろろ祭り」、のろろは海から来た悪霊みたいなもの。祭りは大雨によって中断される。

 

宅配業者に就職した宮腰(松田龍平)、月末のバンドに参加し親しくなる。月末の恋人文(木村文乃)。

 

そして、事件が、

そもそも「羊の木」という題名が意味不明。

 

なんか比ゆ的でもあり、事件も偶発的なものも加わり、サスペンスでもない、ヒューマンドラマ。

北村一輝と松田龍平、田中泯は、化粧や目つきでいかにも犯罪者らしい。

いささかとっつき難い題材だ。

監督は、吉田大八。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 「巫女っちゃけん。」、不良... | トップ | 「軍中楽園」台湾金門島、娼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事