ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「黒い箱のアリス」、国際ファンタスティック映画祭で評価されたSFスリラー。

2018-08-16 17:45:01 | スペイン映画

おすすめ度 ☆☆

SFファンタジー好き ☆☆☆

「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。

プチョン国際ファンタスティック映画祭 審査員賞受賞ほか、世界各国で称賛の嵐! 
予測不能のストーリーと鮮烈な映像世界で贈る新世代SFスリラーの衝撃作! 

父親が起こした事故で、母親と自らの右腕を亡くした少女。

モダンなつくりの建物に、父親と言葉をしゃべる犬(ママと呼んでいる)と暮らしている。

父が森で倒れていたという姉弟を連れて帰り、不穏な雰囲気が。

森の中には、黒い立方体があり、これがタイムトラベルを仕掛けてくる。

ゆったりとした流れ、突如訪れる悲劇。

何か起こりそうな雰囲気がじりじり。

そして、タイムマシン。

まあ、変わった映画好きならいざ知らず、まこと眠い映画。

奇をてらっている割に,不可解。

章立てされているが、理解しずらい。

タイムマシンで、事故前に戻りたいのだろうか?

 

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« NHKスペシャル 「ノモンハン... | トップ | 「追想」、結婚初夜に失敗し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スペイン映画」カテゴリの最新記事