ひろの映画見たまま

映画にワクワク

周防正行監督の「終の信託」、終末医療を描いた社会派ドラマです。

2012-11-01 16:37:00 | 日本映画
おススメ度 ☆☆☆

法律家でもある朔立木氏の小説を映画化したものだ。

尊厳死は重い社会的テーマだ。これに挑戦した意欲は立派。

でもさすがに暗い。

特に、女性の不倫問題が背景にありこれが重い。

「それでも僕はやっていない」を取り上げ、今回も法律問題だ。

重度のぜんそく患者、何回も救急で担ぎ込まれている。彼に、もしもの時には、延命治療をせず死なせてほしいと頼まれる。

失恋の痛みを慰めてもらったことから、感情移入し、心情を共有する。

そんな状態で起こった延命治療の中止。

だが、この映画はそれを描いているのではない。

これが事件とされ、女医は殺人罪で裁かれる。

その過程での、検事と女医との一連のやり取り、これが迫真的に描かれ、大沢たかおの演技がさえ、息もつかせない。特に、大沢の検事としての周到な攻めが生きている。

前半の部分に、描写不足というか、もう一つ、入り込めないのが残念だ。

コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« NHK山田洋次が選んだ日本... | トップ | ドキュメンタリー映画「日本... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終の信託 (大正の黄門)
2012-11-03 23:27:34
やはり《ひろ》さんの評価通りかな、暗くて重い、
でも大変考えさせられる、自分に置き換えてこの映画の病人と同じ境遇になった場合私ならどんな処置を望むのか?
其処にこの映画の一番考えて下さいと言う解答を求めていると思います。
でも検事が調書取り終えた後に、机の引き出しから、即座に逮捕状を示す場面にはショックをかんじました。

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

「終の信託」 いろいろ考えさせられました (はらやんの映画徒然草)
「尊厳死」を題材にしているのは予告からわかりました。 重いテーマだなと思い、これ