ひろの映画見たまま

映画にワクワク

アメリカ映画「崖っぷちの男」、スリル満点のサスペンス映画です!

2012-07-15 17:00:13 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆☆

畳み込むような演出で、緊張の連続、102分があっという間に立ちました。

宝石泥棒の汚名返上の起死回生の手、それが、ニューヨーク、ルーズベルトホテルの高層階からの飛び降り自殺。

その向かいのビルで行われるこれまた奇想天外の宝石強盗。

この二つの事件が、緊密に結び合って、サスペンスを盛り上げる。

周到に練られた脚本は、同時進行の事件の進行がまさに分秒の争いだからだ。

まあ、サスペンスにはネタバレがつきもの。でもあえて、ネタバレなしです。

観ればわかるラストへのけん引力と、あっけない終幕。(ちょっと出来すぎだけど)

出てくる役者が、それぞれの持ち味で、生きてます。

まあ、考えてみれば出きすぎの進行。でも愛嬌ですね!

ビルの高層はやっぱり怖いですね。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ツタヤの60歳以上旧作レン... | トップ | アジア映画「マジック&ロス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

「崖っぷちの男」 タイトル買い (はらやんの映画徒然草)
予告編と潔い邦題「崖っぷちの男」だけで興味を持ち、観てきました。 本で言ったら「
崖っぷちの男 (もののはじめblog)
はじめ観る気はなく、新聞評の「愉快犯」の活字を見ても気が向かなかった。ところが、何気に気になっていたらしく、しかも1日当たりの公開数も多い。それほど集客しているならと、避暑に出かけるつもりで観る気になった。映画館は涼しく快適。             ....