ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ヒットマン:ザ・バトルフィールド」、原題はホテルインフェルノ

2015-01-04 17:44:48 | 映画
おススメ度 ☆☆

ゴア映画(血しぶきが飛び散る描写)好き ☆☆☆☆

イタリアで制作される。が英語版

原題が示すように、ホテルで行われる壮絶な殺りく描写です。

相手は、一種ゾンビですから、ゲーム感覚なのですが、それにしても、頭をかち割って、臓物を抉り出す描写など見ていられません。

ホテルに現れたヒットマン。彼は、特殊眼鏡を渡されそれを着用。これは、コンピュータを着用しているようなもので、会話をしたり、映像を送ったりできます。だから、誰かに操られます。

ヒットマンですから、要求通り敵を殺すわけですが、相手はすでに死んでいたり、それが別のヒットマンで自分もそうなるのではといった恐怖。

ホテル中を逃げ回るというか、敵を探し回りますが、大勢のゾンビが襲ってきます。

全編メガネ越しの映像ですから、まったく主観目線。

ゾンビたちは、臓物を出しまくり、首が飛んでしまうものも、尋常ではない殺戮の連続です。

まあ、私にとっては未体験の映像の連射に圧倒されました。

本人が出すゲロは全くグロテスクです。

気の弱い人は止めてください。


正月早々こんな映画ばかり見るな!っていわれそう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 横山美雪主演「殺し屋アンナ」 | トップ | 「裏切りの獣たち」、南アフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事