ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「欲望のバージニア」、アメリカ、禁酒法時代、密造者の物語

2013-07-19 16:02:44 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆☆
    
場所はアメリカバージニア、実在した禁酒法時代の酒の密造に携わる3兄弟の物語。勿論、かなり脚色されているが。

3兄弟の末っ子が狂言回し。

兄2人は、どっしりした強者で、特に二男は、こわもて、のどをかっ切られても生き延びるしぶとさ。それに比べて、3男は駆け出しでへまばかり、度胸が大切と兄たちに教わるが、実際は腰が引ける。

でも人一倍好奇心もあり、酒の密売の交渉に成功する(といって、失敗の連続だが)。

一方で、クリスチャンの娘に惚れるが、厳しい父親に邪魔される。

そんな街に、あらたに派遣されてきた密造酒取締官。これが結構、陰湿で、賄賂や女に目がないやり手。

3兄弟の兄2人は、暴力でも名うての腕を持っており、凛としてわが道を行く。

ここに、紛れ込んできた、酒場の女が色を添える。

20-30年代の西部の雰囲気は、けっこう荒れたものだが、それでも自然は残るし、どこか牧歌的。密造が悪なのだが、逆に取締官が悪役だ。

最後は、ドンパチで、決着のつけ方がうまい。

無法時代の跳ね上がりの若者を主役にした、純情物語でもある。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「25年目の弦楽四重奏」、... | トップ | 「チャンピオン」、世界選手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事