ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ギャングース」、何があっても生き抜け!

2019-06-25 14:58:48 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

青春映画好き ☆☆☆★

R15+ 暴力とエロの世界

ルポライターの鈴木大介による未成年犯罪者への取材をもとに裏社会の実態を描いた人気コミック「ギャングース」を、入江悠監督が実写映画化。

親から虐待され、学校に行くこともできず、青春期のほとんどを少年院で過ごしたサイケ、カズキ、タケオの3人。

社会から見放された彼らは、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」(窃盗、強盗)稼業に手を染める。暴力団排除の機運を受けて裏社会のヒエラルキーが転換期を迎える中、3人は後戻りできない危険な領域に足を踏み入れていく。

振り込め詐欺のかすめで、一端は、大金を手に入れるが、六龍天に取られ、上納金を要求される。

窮地に立った三人は、六龍天のトップに戦いを挑む。

あきらめない、青春。

このどん底社会でどう生きるか、試される。

「渇き。」の高杉真宙、「金メダル男」の加藤諒、「勝手にふるえてろ」の渡辺大知が主演。


コメント