ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「暁に祈れ」、タイ刑務所の地獄!

2019-06-10 16:58:03 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆☆

シリアス映画好き ☆☆☆☆

イギリス・フランス合作

R15+ 刑務所でのおかま掘りの現実。

タイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がることに成功したイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説を映画化したアクションドラマ。

アクションドラマというけれど、突然タイ刑務所に放り込まれたイギリス人。周りは殺人者など薄気味悪いタイ人ばかり。言葉がわからない、お金がない、最低の状態で、殺人、レイプ、汚職がはびこる地獄のよう刑務所で、ビリーは死を覚悟する日々を余儀なくされた。

所内に新たに設立されたムエタイ・クラブとの出会いによって、ビリーの中にある何かが大きく変わっていく。

実際の刑務所を使っての撮影、囚人たちも受刑者が演じている。まさに地獄が再現される。

まあ、逃げ出したい気持ちになる。

だが、ボクサー魂がよみがえり、ムエタイを会得、試合に出ることに。

そして、地獄のマッチ。

手持ちカメラでアップシーンが多く、臨場感は半端ない。

「グリーンルーム」のジョー・コールが主人公ビリー役を演じる。監督は「ジョニー・マッド・ドッグ」のジャン=ステファーヌ・ソベール。

見る人を選ぶ映画だ。

圧倒的な臨場感は、目の前に迫ってくる。

 

コメント