Mレポート

仕事関係の話、趣味の写真・映画の紹介、愛犬についての情報提供。オーラソーマ、ダイエットにもチャレンジ!

人間いろんな苦しみ四苦八苦をかかえて

2019-09-12 07:47:52 | 講演・カウンセリング等

人間生きていく上で楽しいことばかりでなく、苦しいこともたくさん抱えている。

本性として、サガとして、人間として当たり前のことなんでしょう。

その苦しみを「四苦八苦」と言ったりしている。

四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦の分類。(ウィキペディアより抜粋)

根本的な苦を生・老・病・死の四苦とし

生苦 - 生まれること。
老苦 - 老いていくこと。体力、気力など全てが衰退していき自由が利かなくなる。
病苦 - 様々な病気があり、痛みや苦しみに悩まされる。
死苦 -死ぬことへの恐怖、その先の不安。
根本的な四つの苦に加え、

愛別離苦(あいべつりく) 愛する者と別離すること
怨憎会苦(おんぞうえく) 怨み憎んでいる者に会うこと
求不得苦(ぐふとくく)  求める物が得られないこと
五蘊盛苦(ごうんじょうく)人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと
の四つの苦を合わせて八苦と呼ぶ。

根本的な四つの「苦」は人間として生まれて来て、当然の苦しみ

ですが、後半の苦は物欲的なものもあり、制御できるものもあります。

こんな人間的な苦を持ちながら、それでも毎日の生活を楽しみ、

その中で生きる喜びを感じていくことが大事なんでしょう。

ちょっとしたことに喜びを感じないといけないですね。

正に自分自身の位置をどう保つのかということです。

それにしても感受性豊かな方は、枯れ葉をみてもいろんな

感想をもったり、ちょっとしたことに感動したりという人が

います、こんな人って幸せですよね。

私なんかは鈍感だから、ただ生活しているだけ、そして

ビールの味を楽しんでいるだけ、もう少し楽しみを

見つけ出したいですね。その楽しみを見つけ出せる力が

教養とか、感受性の豊かさかも知れません。

人とのかかわり、仕事のできる楽しみ、・・・・・

毎日飲めるビールのありがたさを感じるだけではダメだな。

 

人間の本性 (幻冬舎新書)
丹羽 宇一郎
幻冬舎

コメント   この記事についてブログを書く
« 「うつ病」が多いですね | トップ | ヤフーがZOZO買収 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

講演・カウンセリング等」カテゴリの最新記事