Mレポート

仕事関係の話、趣味の写真・映画の紹介、愛犬についての情報提供。オーラソーマ、ダイエットにもチャレンジ!

つまづいたっていいじゃないか

2019-01-14 08:29:04 | 講演・カウンセリング等

ノーベル賞受賞者の経済学者リチャード・セイラー氏のインタビュー記事

にこんな内容がある。ー日経ビジネス1-14ー

(質問)日本の詩人、相田みつをさんのファンだそうですね。
    どこが好きなのでしょうか。

(セイラー氏)
 「相田さんの詩に『つまづいたっていいじゃないか。人間だもの』
 という言葉があります。判断を間違わないことが前提ではなく、 
 人は必ずしも合理的でないことを前提にする。こういう考え方は 
 行動経済学につながるものです」 
 「相田さんの詩は、人間が人間であるゆえんを巧みにつかんでいます。
 『人間だもの』もそうですが、私のお気に入りの詩に、こういう言葉が  
 あります。 
 『そのうち、そのうち、弁解しながら日が暮れる』
 明日に延ばせることを今日やるな。まさに私のモットーです

「明日に延ばせるものを今日やるな」という逆説的な理解ですね。

このセイラーさんの理解は間違っていると思いますが、

でもまあ今日やるべきことはやりなさい、明日にやるべきことは

明日やりなさいという理解もいいのかな。

相田さんそこまで考えていないように思います。こんな詩があります。

そのうち
そのうち お金がたまったら
そのうち 家でも建てたら
そのうち 子供から手が放れたら
そのうち 仕事が落ちついたら
そのうち 時間のゆとりができたら
 
そのうち………
そのうち………
そのうち……… と、
できない理由を
くりかえしているうちに
 
結局は何もやらなかった
 
空しい人生の幕がおりて
顔の上に 淋しい墓標が立つ
 
そのうちそのうち
日が暮れる
 
いまきたこの道
かえれない
 
by 相田みつを

でも私はそんなに焦って律儀に考えても人生楽しくないなと

思ってしまいます。

ここはノーベル賞受賞者のセイラーさんの理解で、

明日に延ばせることを今日やらなくてもいいよ。

という考え方に賛成。

 

ジャンル:
コーチング・マネジメント
コメント   この記事についてブログを書く
« FTの2019年大予想  | トップ | 米政府機関の一部閉鎖いつま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

講演・カウンセリング等」カテゴリの最新記事