非公式“旧”嘉穂町のページ

嘉麻市制施行によって、その名を消した嘉穂町。それでも愛する我が故郷ために、このBlogで“旧”嘉穂町の話題を発信!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Cristal 寒北斗

2005年12月11日 23時51分30秒 | 逸品・銘品
嘉穂町は、豊かで清らかな水と、肥沃な田畑からもたらされる穀物によって、古くから醸造の町としても栄えていた。
現在も三軒の酒造所があり、県内はもとより全国的に知られる銘柄がいくつもある。

なかでも玉の井酒造の“寒北斗”は、気温の高い福岡に在りながら、淡冷でキリっとした飲み口と嫌味のない豊かな香りで、ファンの多い銘酒だ。

その中から、新たな銘柄が誕生した。その名は“クリスタル寒北斗”。元来の淡冷な飲み口にさらに磨きをかけ、キレの良い芳香と味わいを研ぎ出した、まさに丹念なカットを施した宝石のような清酒である。

1本1,700円ちょい。しかも4合瓶(720ml)ではなく、500mlの透明瓶・化粧箱詰め。パッケージが余りに豪華だが、中身はそれを見事に着こなしている。ひと瓶に500mlしか入っていないので嗜んで飲みたいところだが、そのスムージーな口あたりに、気付くと「あ゛ぁ~っ」と驚くほど飲んでしまっている。繊細な味わいを持つ、和食にぴったりな清酒である。少し冷やして飲みたいお酒だ。

限定醸造のお酒なので、蔵元か限られた酒販店でしか手に入らないのだが、清酒がお好きな方には、ぜひ一度飲んで頂きたい1本である。
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« 嘉穂町には・・・ | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

逸品・銘品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事