非公式“旧”嘉穂町のページ

嘉麻市制施行によって、その名を消した嘉穂町。それでも愛する我が故郷ために、このBlogで“旧”嘉穂町の話題を発信!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャンボンヨーク

2006年09月07日 00時31分01秒 | 逸品・銘品

“九州りんご村”で知られるフルーツの里、宮小路地区を道なりにず~っと上りきって、南嘉穂林道との交差点の少し手前。りんご園やなし園を一望する所に、手作りハム・ソーセージの店、ジャンボンヨークがある。
若い頃、食肉加工の仕事をしていた福山さんは、結着剤や増量剤、化学調味料等を多用するメーカーの製品作りに疑問を持ち、会社を辞め、福岡市内に手作りハム・ソーセージの店を構えた。
その後、田舎での商品作りを考えて北部九州を訪ね歩くうちに、縁あって、(旧)嘉穂町に店を移転した。

開店から、5、6年(すみません。移転した年をキチンと把握してません)。ワタシは、福山さんを(旧)嘉穂町に招いた人達との面識があったお陰で、開店当時からこのお店に通っている。通っている理由は、勿論その味! 生ベーコンの香り、ソーセージの味のコク、ハムの得も言われない味わい。今まで食べていた食肉加工品は、一体なんだったのかと、その考えを改めさせられる味(いや、大袈裟な話しじゃなくって)に、すっかりハマってしまっている。
味覚の秋。これから、なしからりんごへと、収穫の時期を迎え、梨狩りやりんご狩りで賑わう宮小路地区だが、もうチョット足を延ばして、本物の味を手にして帰ると、味覚の秋をより楽しむことが出来ると思う。

≪ジャンボンヨーク≫
住所:嘉麻市(旧嘉穂町)馬見1909-8
営業時間:9時~18時
定休日:水曜日
電話番号:0948-57-1957
場所はココ→Yahoo!地図情報
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 営業再開 | トップ | 九州りんご村フルーツフェア »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみです。 (momomama)
2006-09-07 19:50:01


ありがとうございます。

美味しそう・・・。

手作りって感じですね。

水曜日が定休日だとわかって助かりました。

うっかりいくと大変です。

ホント美味しいですよ (たて@旧嘉穂町民)
2006-09-10 02:15:53
ココのベーコンは絶品で、そのまま食べても、ベーコンエッグにしても、スープに入れても、イイ味出します。

もっと美味しい食べ方は、厚くスライスしてもらってベーコンステーキにして食べると、風味と味わいがしっかり楽しめます。

明日、飯塚へ向かう前に、飯塚を通り越して、行ってみては如何ですか?
申し訳ございません (ちわん)
2007-09-08 01:59:45
勝手にリンクさせて頂きました。
私はチョリソーが一番のお気に入りです。
HCVをペットにしているが故アルコール御法度の身、「ふりょうちゅうねん」のお仲間になる資格がないようで
何とか仲間に入れてくださいと日々思っている者でございます。

コメントを投稿

逸品・銘品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

スモーク・スペアリブ (もの喰う日々 もの思う日々)
小値賀島から、玉の井の蔵人として働きに来ているKAZUさんが、仕込みを終えて島へ
ジャンポンヨークのベーコン (もの喰う日々 もの思う日々)
カルボナーラスパゲティーに挑戦しようと思い立ち、夕方、ジャンポンヨークに行って、
ジャンボンヨークのパストラミロースハム (もの喰う日々 もの思う日々)
ひと通りたいらげて(笑)も、もう少しビールのアテが欲しい。昨日、シャンボンヨーク
我が家のおせち <その2> (もの喰う日々 もの思う日々)
おせちに用意する料理は、がめ煮、数の子、黒豆、三杯酢ぐらいの3、4品ぐらいだが、
ジャンボンヨークのスモークスペアリブ (もの喰う日々 もの思う日々)
お正月3日目。今夜も、お煮しめ、数の子、黒豆、ハムと、元日と同じものが食卓に並ぶ