非公式“旧”嘉穂町のページ

嘉麻市制施行によって、その名を消した嘉穂町。それでも愛する我が故郷ために、このBlogで“旧”嘉穂町の話題を発信!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

首渕(つぶろぶち)

2006年06月20日 22時44分13秒 | 見どころ・名勝
momomamaさんとのやりとりで“首渕(つぶろぶち)”が話題に上ったので、今日はこの“首渕”を紹介したいと思います。
(写真は、平成15年11月撮影)

“首渕”は、国道211号線の掛橋橋から左に曲がった旧道沿いの、嘉麻市桑野(旧嘉穂町大字桑野字掛橋)の遠賀川にある渕で、すぐ上流に4mほどの滝がある。傍らに小さな祠があり“市杵島姫”が祀られている。上流の“字城山(じょうやま)”には、かつて首切場があったとの伝承があり、それとの関連も考えられるが、“首渕”にまつわる言い伝えとは全く異なる。

“首渕”には、雨乞いにまつわる言い伝えがあり、旱魃の年に降雨を祈るため、渕に酒を入れてその霊験を占うという。その時、小さな蛇が出れば験があり、験がない時には、蟹が岩に登るといわれている。

水にまつわる神“市杵島姫”といい、水を象る竜神の化身ともいわれる蛇に霊験を得る言い伝えといい、米作に欠かせない水利に心を砕いた、わが町の祖先の心を感じ取ることが出来る。

参考文献 『嘉穂町誌』 嘉穂町教委 昭和58年

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 季節の便り | トップ | 勝ちゃんの冷麺 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (momomama)
2006-06-21 11:45:19
首渕・・・おどろおどろした響きでしたが、遠賀川にある渕で上流に滝がある・・・

興味津々ですよ。

雨乞い・・・深刻な問題だったでしょうね。

一鍬掘りの時にも思いました。

市杵島橋、首渕橋ともに211号線で通りましたが、言い伝えが分かると 又通りたくなりますね。

イチキシマとイツクシマ(厳島)たしかに同じでしょうね。



パソコンは難しいことは出来ませんが、momomamaに下線があると 何だか嬉しいです。

ありがとうございます。
どういたしまして (たて)
2006-06-24 17:08:06
こちらこそ、コメントありがとうございます。

momomamaさんの名前の下線は、リンクの目印です。名前をクリックするとmomomamaさんのブログへ移動しますよ。

コメントを投稿

見どころ・名勝」カテゴリの最新記事