++PostscripT++

きまぐれつぶやき:笑う門には福きたる!

++このブログは++

▼『Postscript』=『P.S(追伸)』。他愛の無い日常のコトばかりですが、これだけは綴っておきたいな、と思うコトをちまちまと書いてます。只今飛び飛びになりがちですすみません…;;

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

輝く星。

2005-12-31 21:44:31 | 徒然なるコト
玩具屋さんの店頭で出くわす度に、思わず足を止めてしまう存在がいます。
『HOME STAR』…メガスターIIの大平さんが作った家庭用プラネタリウムです。
でもこれがなぁ…2万もしてなぁ…。
つい最近、南半球の星が観れるバージョンも出てて、それなんか3万もするんだ…。
このHOME STARが出る前から、家庭用プラネタリウムには惹かれてて、でも家庭用なんてそこそこなんだろうなぁ…と思いつつやり過ごしてたんですが、日本科学館でメガスターIIの星を観たら、俄然HOME STARへの期待も高まり…。でも2万…。
いつか自由になるお金が出来たら~…なんて、そんなのいつのコトやら…な夢を密かに抱いてたのですが、そんなわたしの夢を叶えてくれる存在が…!
『大人の科学』って雑誌に付録でついてた組み立て式プラネタリウムが、なんと大平さん監修のモノで!しかもお手頃2千円強!!
2万は無理でも2千円ならばわたしにも手が出せます。
雑誌の付録だし、どのレベルのモノかな~…とは思ったけども…これが5千円とかしたらきっと見向きもしなかったと思う。でも2千円ほど…。これくらいなら、例えしょぼくても…まぁ…許容範囲かと。
会社に着いて、チーフとTさんに「こんなの買っちゃいました!」と見せたら思いのほかTさんが反応良くて。
仕事の合間にちみちみ組み立てて…(時にはチーフに手伝って頂き)1時間ほどで完成しました。
意外としっかりした作りで、正直ここまでとは思わなかったです。ちゃんと乾電池の土台(?)とかも自分で組み立てるんですよ。面白ーい。
星を映し出す最適なドーム型のモノが無かったので、机の下に置いてスイッチを入れてみたら、結構すごいんですよ!
本場のメガスターIIやHOME STARにはてんで及ばないとは思うけど、付録にしては上出来かも。
これは、ちょっとちゃんとドームの代わりになるモノを作って(ボールの内側に黒い紙貼るとかいろいろ…)、投影したら立派な家庭用ぷちプラネタリウムになるですよ。
雑誌に、カスタマイズの仕方とかも載ってて、さすがにサンドペーパーで内側削って天の川はやれない(恐い…)けど、簡易型ドームはちょっと作りたい。あと天球儀風のアレンジもいいなーと思いました。
わたしの中では充分に及第点でした。
でもいつかはやっぱりHOME STARを…!と願ってやみません。

ウチの会社は29日が仕事納めでした。
この年末年始は会社のお休みに便乗して、30日から4日までがっつり休もうかなーと思ってたんですが、結局30日出勤したら2時間も仕事しないうちに会社近くの居酒屋さんでやってた飲み会にかり出されて、年内の仕事が終わらなかったのでそのまま泊まり込み、今朝帰ってきました(んで一眠りして19時前に起きた)。おかげ様でなんとか年内のノルマは達成~。
チーフは今週の半ばに入って急に仕事がテンパってきたらしく、お正月も無く1日から出勤だそう。おおおおおお疲れ様です;;
年始は、多分4日から出勤予定。3日も休んだら充分ですよー。普段、連休と言うモノに縁の無い生活をしてるもので、あまりお休みすると何したらいいのか戸惑うよ…!(TOP絵を描け?)
つか、あまりに休むと収入が厳しくなるから、休んでるより仕事してる方が気がラクと言う…。
来年は、早々に社内の席替えとかも予定されてて、年始からばたばたしそうです。

えと。そんなこんなで今年もあと3時間足らずで終わりですよ。
今年を振り返ってみると、やっぱり一番大きかったのは身内の不幸があったコトかなぁ。それ以降ちょっとプライベートでごたごたしてて、最近やっと落ち着いてきたところです。
仕事の面ではとりあえず、怪我の功名というのか、少しずつ新しいコトをやらせてもらえるようになったのが嬉しかったです。しんどいコトも多かったけど…それで救われたカンジです。
来年はもっと今より出来るコトが増えるといいなぁと思います。
あと、来年は友達といっぱい会いたいな。
最近、高校時代や短大時代の友達とメールをやりとりするコトが増えてきたので、久し振りに会えたらいいなぁ。手紙ももっと書こうと思ってます(こないだ部屋を漁ってたら切手がどっさり出て来たのでコレで手紙がいっぱい出せる!)。
情けないコトにお年賀イラストとかは間に合いませんでした。今年は喪中なのでオンオフ共に新年の挨拶はできませんが、来年も何かと構ってやって頂けましたら幸いです。
1年間お付き合いくださりましてありがとうございました。
コメント

年の瀬のクマづくし。

2005-12-29 02:38:22 | 徒然なるコト
27日から新宿高島屋でやってるリラックマ展に行ってきました。ひ…久し振りに10時半とかに起きた…(ダメ社会人)。
こんな年の瀬に~!と思いつつも、ついつい『限定商品』って言葉に弱いの日本人…(そうでない人からしたら迷惑な括り)。
10階催事場にででーんと特設された会場(?)には、そらもーすごいたくさんのお客さんが溢れていて、至るところがリラックマだらけ。ディスプレーもリラックマの服(?)が何着も干してあるのを入り口に見立てて、絵本のシーンを再現したフィギュアがいっぱい飾られてました。可愛かったー。
今回の限定商品は、トートバッグとアロマキャンドル、ポーチにタオル、Tシャツ、パーカーなどなど、そして100体限定のぬいぐるみがあったみたいだけども、それは完売してました。つか、ぬいぐるみは初日で完売したんだろうなぁ…。
勿論定番商品もたくさんあって、わたしは前から欲しかったドーナッツ型クッションを買いました。リラックマしかなかったんだけども、コリラは白くて汚れが目立つのでリラックマで充分。会社で愛用いたします♪
限定のトートバッグも、どうしようかなーと悩んだんですが…クッション買っちゃったから。そのうちキイロイトリのスリッパも欲しい…。これは会社では履けないけれども。
あと、やっと来年の卓上カレンダー購入。これはリラックマではなく。結局こんな年末ぎりぎりになってしまったので、種類が無かった…。つか、やっぱ月末まとめられてるのばっかでなぁ。来年のはとてもシンプルで色気の無いヤツです。いいんだ…会社のスケジュール書き込むだけだから。
あ!そういえば、Suicaの新商品で、フェイスタオルとかハンドタオルが出てて!思わず買ってしまいましたよ…!フェイスタオル、緑と白とあったんだけど緑のを。ハンドタオルもかなり悩んだんだけど~…。また新宿か池袋か行って、あれば買おうかな…。
なんだか年末になっていきなり衝動買ってるカンジです。いけないいけない…!
それらを持って会社に入ったら、チーフに「幸せそうだね~」って言われました。ええ、とてもー。

『どうぶつの森』は、続々と住人が増えて7軒建ちました。
今日はわたしのご贔屓のペンギンが、ウチの遊びに行きたいと言うので今から来れば?と言ったんですが、なにやら心の準備があるとかで夜の22時頃約束してみたり。これが結構どきどきするのですよ…!
Oさんは約束をすっかり忘れて翌日そのどうぶつからかなり責められてマジへこみしたって聞きましたが…(笑)、うん…これは確かに…。しかもお気に入りのどうぶつだとすっぽかしたら結構へこむかも…!花組メンバーの誕生日忘れてPC起動させなかった時みたいな…(なんて具体例)。
わたしは、机にメモ書きして貼って携帯のタイマーをセットして無事にお招きしましたがっ(どうなんだ大人)。
でも、わたしのアカギの部屋は、ゆきだるまに貰った雪の結晶の壁紙と絨毯と白と黄色のお花のイスにパイナップルのベッド、ピンクのドレッサーが置いてある…とてつもなくファンシーなお部屋なんですがね…。
もっとお金を貯めてアカギらしい部屋にしたいと思いま………。
そういえば、今日はシーラカンスを釣りましたよ!すごい大きな魚影が見えて、まだまだ初心者のわたしはいつも逃げられてしまってたんですが、今日は成功して釣ってみたらシーラカンス…!しかも2匹連続。
チーフとTさんに言ったら、ふたりはまだ釣ったコトがないーって、躍起になって釣りに行ってました(仕事しろ)。
魚図鑑見たら、シーラカンスは一番最後の魚だったらしく、わたしってば5日ほどでいきなりシークレット釣ったの…?!でも、その後は全然釣れません…。
釣った魚は、博物館に寄贈するかお店で売るんですが、わたしはとりえあず2匹釣れたら売るのと寄贈とに分けてます。
寄贈は魚以外も虫や化石などいろいろあるんですが、虫も全然捕まえられてないし、化石も掘り出せてないー。魚ばっか充実してる。
チーフたちの村に遊びに行くと、博物館とかめちゃくちゃ充実してて羨ましい限り。わたしも早く充実させたい…!
因みに今週末は村でもカウントダウンやるっぽい。みんなでキレイな花火を見て年越ししましょう!とかってペンギンに言われたんですが………。見たい…!見たい…!!
でもな…。なんつか…その…現実的にどうなんだって話デスヨ…。現実でカウントダウンしろって話デスヨ…ネ…。
最近チーフたちとの会話でも普通に村のイベントなんかが現実的に話題として話されるので、多分やってない周囲からしたらかなり訳のわかんないコト言ってるように感じられるんだろうなぁ…。「家のローンがやっと払い終わったんですよー」とか。当たり前のように先輩のMさんが会社入るなり「魚売りたいんすけど、ウチの村のたぬきちの店今日休みなんでそっちの村の店行っていいすか!」「どうぞー」とかね…。
すみませんってカンジ…。
でも楽しいのです…。気ままなスローライフ。現実が忙しいからどうしても癒しを求めてしまうのかも。
は!そういや大晦日は、とたけけのライブもあるんだった…!!(…)
コメント

イブに生まれた森。

2005-12-27 02:13:25 | ゲーム
最近、ウチの会社の一部で『おいでよ どうぶつの森』つーゲームが流行ってまして、遅ればせながらわたくしも今回のクリスマスを機に、自分の森を手に入れましたー(嬉)。
久し振りに新しいゲーム機持っちゃったv
因みに、ターコイズブルーのDSです。白はチーフとOさん、シルバーは先輩のMさん、ピンクはTさんが持ってるので、やっぱここは誰も持ってない色がいいかなーと。赤とどっちにしようか迷ってたんだけども、赤はなんてのか…プラスチックプラスチックしてたので…。もしもアプリコットオレンジな色とかあったら、きっとそれ選んでたと思う。意外と無いんだなぁ…オレンジ色なゲーム機…。
主人公は『アカギ』と名付けてみましたっ(病気)。そして村の名前は『リンシャンむら』。『チーポンむら』とか『ポンカンむら』とかも考えたんだけど…一番これが可愛い音かなぁ…と。麻雀用語でね………。
デフォルトの村人にペンギンがいて、これがものすごく可愛いのですよ~vvついつい構いに行ってます。そしたら「ニックネーム考えてみたんですv」と言われて、名付けられたのが『カギピン』…。
ふ…ふつーに『アカギ』と呼んでください…!
Tさん情報では、このニックネームは村中に広まるらしく、そうこうしてたら犬からも『カギピンさん』って呼ばれ始めた…(がくり)。
村には、いろんなどうぶつが引っ越してきたり、ウチの村のどうぶつも引っ越してったりするそうです。人の村に遊びに行ったらその村のどうぶつが引っ越してきたり。
今日チーフの村に遊びに行って帰ってきたらブタが引っ越してきてたけど、どうやらチーフの村の住人ではないっぽい…。どこの人…?!
まぁ、そんなこんなでこれでウチの村はお家が5軒になりましたよ。これからもっともっと増えてくらしいですが、出来るならばペンギンは引っ越してってほしくないなぁ…。
一応、DSの時計を現実世界と合わせてるので、村はそれを元に動いてるらしく、夜の11時になるとお店やらは全部閉まってしまうので、夜型のわたしとしてはいじれる時間帯はお店がやってないんですが、そんな時は海や川で釣に興じてます。
釣してると昔SFCでやった『川のぬし釣』ってゲームを思い出すですよ。あれもいいゲームだったなぁ。結局あまりやり込めなかったんだけども。
今日の朝になったら、村にある商店がコンビニに改装されるそうなんで、新しいアイテムが買えるんだー。楽しみー。
あれだ、これって『シムシティ』みたいなカンジだ。やったコトないけど。あれはもっと…なんつのか…シビアなカンジだった記憶が…?
そういえば、自分でオリジナルの星座とかも作れるらしいです。勿論実在の星座も作れるそうです。チーフたちは実在の星座を作ってますが、わたしはオリジナルな星座を作ろうかと目論んでおります。ハートとか音符とか。
なんか、やれるコトがたくさんありすぎてワクワクです。
コメント

2週間後は遠い…。

2005-12-21 02:57:29 | 福本作品
『浦部が引いたのは西(シャ)…!アカギに通ってないシャア(西)…!』
………古谷さん、それはやはり何か狙ってるんですか(笑)。

そんなこんなで年内のアカギ終了…。次は新春3日に2本立てだそうで。
『新春だよ、アカギ!』ってカンジですか…?まぁ、お正月は麻雀だよね(我が家はそうでした)。
あ!やっべ!13話終わったら速攻テープ入れ替えないとじゃん…!!
う~…2週間おあずけ…でも2週間後は一気に2本立て…。嬉しいやら淋しいやら…2週間かぁ…長いなぁ…遠いなぁ…。
仕方ない、この2週間は大人しく1話から12話祭りをひとりで開こうと思います☆(うわ淋し!)
うっふん、6時間ぶっ続けアカギ…!
………いつもやってるじゃん………(黙)。
ええと………。
今回は正直1回観ただけじゃ追っつけませんでした…、原作読んでてもアニメでまた「この先どうなるの!?」状態のわたしは、最後のアカギの魔法もタネが判らないまま来年までおあずけ…!な…なんだっけどうなるんだっけ…!(地団駄)
それにしても、アカギと他のキャラとのセリフ量が絶対的に違いすぎてすごいなぁ…(笑)。もう説明ありがとう石川さん、浦部!てカンジ。
そしてやっぱりアカギのこう…味方に対する言葉遣いがほんのり優しいのが好き…(笑)。
ところで…あの…アカギのプロデューサー…どうなん…だ…あの…お面は………。悪ふざけじゃないとか言うてたけど、どう見てもアレは………。
でもちょっと欲しいと思った自分が…自分こそがどうなんだと思いました…。

今日はちょっと仕事で嬉しいコトが。
只今少し社外のお仕事をやってるのですが、現場の様子を見に来た上司がわたしの仕事を見て「丁寧にやってんな~」と言うので「そうですか?」と言うと「まぁ、今回睦月(仮)ご指名だったからな」と言うのでよくよく聞いてみると「睦月さんにお願いしたいんですけど」と電話かけてきてくれたんだそうで、や、わ、え、マジですか…!とちょっとガクブル(笑)。
「前の仕事も丁寧にやってくれたから気に入ったみたいだよ」って上司に言われて、わ~…ぷ、ぷれっしゃー…!
でもなんつか…素直に嬉しかったんですよ。
わたしみたいなまだまだペーペーの人間の、ただひたすら一生懸命だけが取り柄でやってた仕事を見て、「この人にやってほしい」って思ってもらえたコトが。
いいんだ、大した内容でなくても、たまたま「そういやこんなヤツがあの会社にいたなぁ」程度でも、さ。
我ながら単純だなぁ…とは思いますが(笑)、嬉しかったんだも。いいじゃないか!ポジティブシンキング。
有頂天にならない程度に頑張るでっす!
コメント (2)

怒涛の週末。

2005-12-19 00:43:26 | 徒然なるコト
金曜日の夜、チーフとTさん、5月に辞めたOさん去年辞めたMくん、そしてわたしの5人で、極楽・山本の罰ゲームライブを観に行ってきました~。
金曜深夜1時からのTBSラジオ『極楽とんぼの吠え魂(だま)』っつー番組があるんですが、それで毎年(?)プロ野球ペナントレースの順位予想をやってるらしく、その罰ゲームとして負けた山本さんがお台場潮風公園でTシャツ短パンと言ういでたちでタトゥーの『ごめんなさい』を歌うと言うこの企画(笑)。
17日締めで抱えてた仕事がなんとか間に合う算段にまで持ってけたので、この寒空の中行ってきましたよ。ンもーめちゃくちゃ寒くて寒くて、貼るカイロを背中とお腹に装着して、予備も4個くらい鞄に詰めて臨んだんですが、気温1度は予想以上に厳しかった…!
会場に着いた時は、まだ全然寒くはなかったんだけど、放送が始まる1時を越えたくらいからぐんと寒くなり出して、目の前に登場した山本さん見て更に寒くなり…(苦笑)。
会場は9割以上が男性のお客さんで、女の子はざっと見でもウチら3人以外姿が見えなかったんですが、時たま声援は聞こえてました。
まぁ…会場つーてもだだっ広い公園の真ん中にある売店と、休憩用のイスやらテーブルがある所に青テントで3方向を覆った控え室もどぎが作られてライトが数台セッティングされた、およそステージと呼ぶには程遠い…観客との間も、工事場にあるコーンに紐貼って区切るだけの簡易なモノでした(笑)。
その気になればいつでも山本さんに襲いかかれるよ!てなカンジ。本人も、大勢の男性客を前に「俺…いつ襲われても遅くねえよな」と言ってました。
で、罰ゲームの『ごめんなさい』を歌った後は、いつスタジオと繋がってるかも判らない状態の中、一体どのくらいライブ会場の声が流れてるのか知らないまま、いろんな歌を歌ってくれました。
最初はアカペラで歌ってたんだけど、途中で品川庄司の庄司と加藤さんの友達のギタリストの人が参戦。庄司はパンツ一丁・裸足で登場ですよ!さっむーーーー!!!!!
さすがに1曲披露したらコート羽織って靴も履いてましたが、番組が終わるまで山本さんに付き合ってました。もうすっごい寒そうで、何枚も着てカイロまで装着してるわたしらでもこんだけ寒いのに、Tシャツ短パンって…ましてや裸ってどんな寒さなんだか想像もつかない…!
で、その後数人ゲスト(蛭子さんとか)が来たりしてたけど、一番盛り上がったのはやっぱり庄司が登場した時だったなぁ…。後は失礼ながら知らない人のが多くて…。
そういえば、あの奈良の『騒音おばさん』の真似とかもお客さんからリクエストがかかってやってくれました。さすがにアレはTVではもう出来ないらしいです。つか、似過ぎててギャグを越えちゃってるしね…(事件性からしてもさ)。
そして寒い中、2時間の罰ゲームライブは無事終わり、スタッフが用意してくれてたお台場内でやってる24時間営業のファミレスのリストを貰って直行。なんたって3時ですから…電車も無ければ始発には程遠い…。
あまりの寒さに歯の根は合わないし、(地べたに)座ってたせいでお尻は冷たくて脚は痺れて歩いてる感覚が全くなくなってました。
ライブには、予想以上の300人強来てたらしく、そんなに多いと24時間のお店もいっぱいかな…と心配したんですが、なんとか入れてひと安心。
つか、お店側も、3時なんて真夜中になんでこんなにお客が来るんだ…?ってカンジでいきなりの混雑にてんやわんやになってました。
とりあえずお腹を温かいモノで満たして、その後はみんなでDS大会。わたし以外はみんなDS持ちだったので、OさんとMくんが交替で貸してくれて『やわらかあたま塾』とか『アソビ大全』でカードゲームやったりして大盛り上がり。
やー面白いー。DS面白いー。まさかゲーム機でカードゲームとか盛り上がれると思わなかった。いいゲームだー。
そんなコトしてたら、ゆりかもめの始発(5時19分)なんか当に過ぎて、6時くらいまで誰ひとりとして眠るコトなく遊びまくり。
で、その後わたしとチーフ、Tさんは会社に直帰で仕事に突入したんですが、午前中は使い物になりませんでした…(苦笑)。
上司には「お前ら夕べ山本の罰ゲーム観に行ってたんだろ?」とかってなんかバレてるし(笑)。や、別にちゃんと仕事も間に合わせたしバレても後ろ暗くなんかないんだけども。
は~。それにしてもめちゃくちゃ久し振りに楽しかったなぁ。思いっきり笑った気がする。いい気分転換になりました♪
コメント (2)

おかげ様で。

2005-12-15 02:58:58 | 徒然なるコト
わぁ~い!サイトが4周年迎えました!!
案の定何も出来てません!!

…すみませ………。

軽くこんな状態に陥りそうであるコトは予感してました…。
早い…早いよ、月日が経つのは…!
ビルダー開いて更新記録見たら、去年の今日から2回しか更新してないのね…しかもまともな更新じゃないのね…!もうどうなのこの人…!
毎回、まともに更新できないこの状況を真剣に考えるにつけ、サイトを運営してゆく意味を考えるのですが、理屈ではないのですよね。
仕事が忙しくてサイトまで手が回らないのは今に始まったコトではないし、だからってその状態に甘えてしまってはいけないんだけど、5年目ともなれば波はあるもの。と考えて焦らないでいこうと思います。
そんなこんなで断言はしませんが、年末は少し時間が出来ると思うので…そしたら絵の1枚くらい仕上げたいと思います。

…でもホントすみません、反省はしてます…。
これからもどうぞよろしくお願いしますです…!
コメント (2)

愛しの愛しの。

2005-12-14 02:46:00 | 福本作品
セブンの胡麻しゃけおにぎりが発芽玄米入りになって復活デスヨ!きゃほー(嬉)。
でも、わたしがコンビニの前を通る時間と言うのは、丁度品薄だったりしてなかなかお目に掛かれず…。
今日になってやっとこ出会えました!うふふー。
元々あまりコンビニのおにぎりは食べない方なんですが、セブンの胡麻しゃけだけは特別なのです。もうかれこれ2年くらいのファン(って言うのか?)。
でも、何故かいきなり姿が見えなくなったりして、また今回みたいにふいに復活する。く。
そういえば、去年北海道土産で北海道限定のセブンの胡麻しゃけおにぎりを頂いたんですが(丁度東京で胡麻しゃけが姿を消してしまって落ち込んでたのですよ…)、北海道の胡麻しゃけは黒胡麻だった!(東京のは白胡麻)
味は………。
うん、わたしは東京の胡麻しゃけのが好きです………(笑)。
黒胡麻は味が濃いんだなぁ。普通にお弁当で白ご飯にごま塩(は、黒胡麻)振って食べるのは大好きだけどさ。
…は。なにおにぎり語りをしてるんだろう………。
とにもかくにも胡麻しゃけらぶ。

「寝惚けるな」
今日のアカギ11話のこのアカギの台詞がたまらなく好きです(笑)。
わー言われたいー。でもアカギ以外に言われたら張り倒すー(笑)。
3200万のレートを伏せてアカギの代打ちに入った治が、周りのひそひそ話で3200万って知った時の顔が笑った。
でも川田組長、アナタがニセアカギを買ったんでないのか?「コイツはだめじゃ」ってそんな…!
本物のアカギが見つかっても「もう用済みじゃ」って言うてたのに…!なんてヒト!
それにしても、ホント30分が短いよー。なんつか、多分わたしの1週間の中で一番短く感じる30分だと思われます。アホですね…解ってるも!

…ところで…あの…気付けばなんか15日が………あれれ?気のせいかな、なんか 明 日 になってたりしてない?あれ?!
コメント

今年最初の雪。

2005-12-13 03:00:56 | 徒然なるコト
日曜は、東京で初雪が観測されたそうで…!どうりで寒いはずだよ…!電気毛布も効きが悪いよ…!!がたがた。

日に日に、帰り時間に見える火星が西に傾くのが早くなってきてます。
で、今丁度月と火星が重なるんですよね。
今夜1時頃帰ってきてる時は、月と火星はまだ重なってなかったんだけど、先ほど(2時半頃)西の空を見てみたら、火星の姿が見えなくなってました。月の向こう側に隠れてしまった模様。
なんか不思議だなぁって思うですよ。
もう少し早い時間か、もう少し経ったら月と火星がぴったりくっついて見えるのかしら。わーちょっと見たい…!
そういえば、なんか最近ってオリオン座がはっきり見えない気がします…。
昔(?)は、空を見上げたら一番に見つけられた気がするのに、今は目を凝らさないと判らない…。
のは、東京の空が明るすぎるからなのか、わたしの目が悪くなったからなのか…?
因みに、夜空でたまに雲がものすごく白く見える夜があるのですが(月灯りとかのせいじゃなくて)、そういう白い雲がたくさんあってぽっかりと黒い夜空が見えるところがあると、こう…「あ、なんか宇宙が近い」って感じる時があるのです。なんでだろう、不思議な感覚だ。
あ~…でもホント寒いです…。
あんまり寒すぎると、咳が止まらなくなるんだけど…。身体が冷えると出るって言うか。
だもんで、冬の夜はつらいです…。

*わたくしメモ*
アカギ 13日25時20分~
ぎゃ!ガラスの仮面が観れない…!!
コメント

イタイー(涙)。

2005-12-11 02:41:13 | 徒然なるコト
数日前、ご飯中に舌を噛んだら案の定口内炎になって、物を食べるたびに痛くてしょうがありませぬ…(涙)。
あまりに痛くて、鏡覗いてみたら、舌の右の…奥歯の下付近が赤くなってた。いーたーいー。
どっかに以前買った口内炎の薬があったように思うんだけど…どこへ行ったんだろうね、この狭い狭い6畳間で…(振り返ってその惨状に目を背けつつ)。
でも、高校生の時になった口内炎に比べたらこんなんてんで大したコトがないですよ。
確か高校3年の…年末…受験シーズンだったと思うんだけど、歯の治療してて、その時の麻酔かなんかで舌がかぶれたらしく、日に日に物が食べれなくなって水が飲めなくなって終いには喋るのも唾を飲み込むコトも出来なくて。
で、歯医者に行ったら塗り薬を貰って1日2日で治まったんだけども…あの時はホントに辛かった…。
それに比べたら全然マシなんだけど、やっぱ痛いモノは痛いのです。
う~…早く治んないかなぁ…。
でもわたし、くしゃみの拍子にも舌噛んじゃうんだけど…って会社で話したら笑われました…。
え!なんで?噛まない?くしゃみの時!!
コメント

『感動』の感じ方。

2005-12-10 03:18:37 | 徒然なるコト
先日読み始めた『東京タワー』、昨晩読み終えました。
それまでは会社でお弁当食べる時とかにちまちま読んでたんですが、さすがに後半になってくるとうっかりしたらこれ泣く…!と、何度も上を向いては涙がこぼれそうになるのを必死で堪えてたんですが…、もう最後の方は涙が止まらない…。よかった、家に持って帰ってきて…。この本は絶対ひとりで読むべき…。
↓以下、ネタバレも含まれてますのでご注意☆↓
えと、わたしは先日の『東京タワー』の感想を、何故みんなが「感動した感動した!」と言うのか解らない、と書きました。
読み終えた今となっては「ああ、なるほどね…こういうコトなのね」と納得できたんだけど、読んでてしんどい気持ちは変わりませんでした。
ただ、ホントにあくまでもこの『しんどい』って気持ちは、内容が面白くないとかそういう負の感情から来てるモノではなく、いつか自分も経験するであろう、そしてなるべくならその時がうんと今よりも遠ければ遠い程いいと、強く願ってしまうコトなのと、一瞬かすりかけた苦い思い出と、つい最近経験した辛い思い出がいっぺんに思い起こされたからなんだと思います。
わたしはまだまだ全然まともに親孝行をしていない。
自分の生活を保つコトに精一杯で、先日の母の誕生日にもメール1本送っただけで、母の日に続いて何も贈るコトが出来てない。
でも、そのうちやるつもりではいて、それっていつまでも母が健在してるって前提の『つもり』なんですよね。
2年前の夏に母が突然入院して、それまで全くと言っていいほど病気をしたコトの無い人だったから、いますぐにも飛んで帰りたかったのに、転職したばかりで自由になるお金も殆ど無く、実家に帰るコトも入院費の足しに、とお金を送るコトも出来なかった。
あの時、遠く離れて何もしてやれない自分に激しく憤りを感じてたのに、元気に退院して病気も完治してしまったら、また『いつかちゃんと親孝行するつもり』な自分に落ち着いてるんですよね…。
本の一説に『親孝行はいくらしてもし足りない』って行があったんだけど、それはどんなに親孝行しても、結局「あれもしてやればよかった、これもしてやれば…」って後悔するって書かれてあって、「ああ…そうだろうな」って思いながら読んでました。
母が、家を出て20年経ってまたおばあちゃんたちのいる田舎に帰りたいと言って、一人暮らしを余儀なくされた時には「迷惑な~…!」って正直思ったんですが、でもやっぱり年老いた両親の側に1日でも長くいたいと思う気持ちは当たり前なんだよね。特に母は、姉妹の中で一番早く家を出たから余計だったんだと思います。
今は、おばあちゃんたちの近くで家も建てて毎日毎日おばあちゃんの顔をすぐ見に行ける生活をしている母。思う存分親孝行をしてる最中です。わたしは、母と同じか、それ以上に母に親孝行してあげれるかなぁ…。
で、まぁ…この本のリリー・フランキーのオカンも、最期はガンで亡くなるんですが、最後は頁をめくる度に辛かった。
正直…個人的に『人が死ぬ=泣く=感動するいい話』と言う感想は述べたくないのです。でもそれは創作モノに限ったコトで、これはノンフィクションだから…ちょっと違うかな?
でも、やっぱり『感動した』って感想にはわたしは至りません。
多分、わたしの中の『感動』ってもちょっと単純に、能天気な内容に対する形容だからなのかも。
だけど、飾らない文章で綴られた内容は、共感する部分も多くてするする読めました。
だばだば泣いたおかげで目が腫れまくりのまま、仕事に行きました…(苦笑)。
コメント