スピード感を持って、熱く! 熱く!

良い仕事・・・そして旨い酒、旨い肴

優れた仕事人は「3K+1F 」の体現者

2009年11月24日 19時02分12秒 | 仕事の想い
第1のK-「各論」
 ・企業にとってより重要なのは、「総論」ではなく「各論」。我が社、我が部、我が課、自分という各論に落とし込んだ考え方が必要。
 ・総論だけで生きているうちは、単なる評論家や批評家に過ぎない。

第2のK-.「行動力」
 ・企業が成功する上で、計画が持つ重要性は5%。残りの95%は実行である。(カルロス・ゴーン氏)
 ・単なる知識人、見識者であっては困る。行動人であることが肝心。

第3のK-「結果」
 ・会社とは評価や言論で伸びるのではなく、「結果」の継続的な積み重ねで伸びるもの。
 ・会社にとって必要な人間はただ1種類、「結果のだせる人」であること。

3Kに加える1F-「Fun」…楽しむ
 ・何かをする時に、イヤだな、キツイな、シンドイな、としかめ面をしてやっていては、良い結果など出ようはずがない。
 ・どうせやらなければならないなら、楽しんでやりなさい。楽しんでやれば、自ずと良い結果がついてくるもの。
 ・大きな壁に突き当たった時、「よし、いっちょやってやろう!」と自分を鼓舞する。「ここからが腕の見せ所だ」とあえて笑ってみせる。
コメント