本日のコーヒー

今日聞いた音楽と飲んだコーヒー

春のクラシックが終わり、ジロが始まる。

2010-04-29 19:32:06 | オーディオ

今日はひさしぶりに自分のブログを観覧。自分の書いてるものなのに、「よ!ひさしぶり。」と言ってしまいました。あまり変なことにもなっておらず(自分が何もしてないから当たり前か・・そしてそねさん様、レスが遅れてすみません)ひと安心。オーディオもひさしぶりに電源をつけて、今日はご近所の電源がノイズをあまり発してないからか良い感じです(もう最近、悪い理由を他者に求める境地に達しました)。ええ、自分は悪くありません・・東京という大都市のノイズが悪いんです、たぶん。

そんなこんなでお借りしてなかなか感想が書けない日々になってしまい、時間がかかってしまいすみません。ということでなんとかまとめてみました。

今回はRCAケーブルをお借りしました。なのでヘッドフォンアンプとFF400の間に入れてみた、あくまで自分はこう感じたというのを簡単に、本当に簡単に書き留めました。自分は評論家ではないので言葉があふれる様に出ないんですよね。トゥッティとか。サッカー選手?って言っていいですか。。ダメですよね。。



まずはゴッサム GAC-2111。クセがないフラットな鳴り方。かといって単調にならず深みもある。ただどうしても粗さが少しでてしまうのは惜しいかも。

 

こちらはMIT Shotogun S1です。レンジが広く、粗さもなく、音楽の彫りがあり、さすがと思わせるケーブルでした。すべてにおいて一ランク上です。あと電源ケーブルと同じで少し硬質な雰囲気を感じましたが、電源ケーブルと違い気にならないと言えば気にならないです。



これはLT-10というRCAケーブル上で機器どうしの間に入れるもののようです。GAC-2111を用いて間に入れてみましたが、これは良い方向に変わりますね。粗さが少なくなり、音楽に艶っぽさが出てくるように感じました。値段も値段なので導入するには二の足を踏みますが、勉強になりました。



さらにLT-10はそのままでGAC-2111をWireWorld Silver Eclipse 5-2に入れ替え。さらに音楽のつながりが良くなります。と、ここでLT-10を入れたこの状態とMIT Shotogun S1単体をついでに比較。自分的にはMIT Shotogun S1の方が良いかなという感じでした。好みの差なんですが、MIT Shotogun S1のレンジの広さと明瞭感を取りました。

といった感じです。さすがにここまで良い物を聴いてしまうと自分の手持ちのRCAケーブルを新調したくなってしまいますね。これからしばらく迷走してしまいそうです。

あ~あと、最近AET HCRの切り売りを購入してアンプ用に色々頑張ってみたのですが、どうもダメでした。HINの切り売りを買うべきだったか。。と思うこの頃です。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« デジタルケーブル比較試聴 | トップ | YN-AC2 Gold »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お、更新してる! (freestyle)
2010-05-02 12:12:53
コーヒーさんが珍しくブログ更新してる(笑)
忙しいんだろうと思ってました。
お体には気をつけてください。

好きなものが見つかるというのはいいですよね。MIT好きが出てますねー。

AETの切り売りケーブルって、見た目はゴージャスだし手を出したくなるのは同感なんですが、攻略が本当に難しい。純正以外の組み合わせでなかなか気に入ったものになることが少なく、純正のセットにしちゃうと完成品とさほど値段が変わらなくなってしまう。
他者をあまり受け付けないのは製作者の…
やばい、やめときます。
そうですね~。 (本日のコーヒー)
2010-05-04 01:23:14
なかなか忙しくて。GW終わったらまた忙しくなりそうです。せめてGW後は週末くらいは休みたいですね。

HCRは金メッキのコネクタがわりと相性良かったんですけど、もう一押しができなくて・・やはり純正が良さそうですね。

あともう少しケーブルは試したみたいことがあるんですよね。なかなか奥が深いです。

オーディオ」カテゴリの最新記事