日々、心のつぶやき☆

映画やフィギュアや好きな事を勝手につづっています。最近、弱気なのでダニエウ・アウヴェスのようなタフさが欲しいです。

世界フィギュアスケート選手権 女子シングル・フリー  (2019・3・22)

2019-03-24 11:35:08 | フィギュアスケート
あっという間に世界フィギュアが終わりました~。
昨夜のプーさんの嵐には失笑しましたが、男子はまたゆっくり観るとします。

まずはおとといの女子フリー。
結果は残念でしたが、本当にSPの大切さとジャンプ要素のミスの怖さを感じた試合でした。
日本の女子3人は悔しさもあるでしょうがよく頑張りました。

 
最初にフリープログラムの衣装です。
放送された18人のみ。

  

  

  

  

  

  


まずはやっぱり宮原知子選手。
「私のサトコ」なので画像もいっぱい(笑)
 
SP8位から今季見納めのフリーは「インビエルノ・ポルテノ」♪
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  
田村コーチと可愛い祝福の指タッチ! 控えめでよろしい。

あ~、やっと観られた彼女の美しい滑り。
ジャンプ一つミスもあったけど、スピンやステップの優雅さ。
緩急をしっかりつける情緒たっぷりの大人の滑りでした。
演技直後にガッツポーズも出ました。
最後の試合で満足な滑りを観られて嬉しいです。

ジャンプ構成は・・・
3S
3Lz‐3T
3Lo
3Lz
2A‐3T
3F‐2T‐2Lo (手をつく)
2A 
ルッツも跳び急ぐことなくしっかり決め、回転不足もありません。

フリーは145.35点。
総合で215.95点。
順位こそ6位でしたが笑顔で終われた挑戦のシーズンでした。

濱田コーチの記事を読んだのですが・・・

「今まで『安定』って言われていたけれど、『安定』っていうのは『進歩していない』ということにつながる言葉でもあるので、今はちょっと不安定な部分も出てきているけれど
『いい失敗をしなさい』と言っています。
『ちゃんとしなきゃ』っていう気持ちが強い子なので『はっきり分かる失敗をしなさい』って言っています。」

なるほど・・・
今季成績が残せない時に「メンタルが・・・」と心配していたけど、いろんな意味で宮原選手は自分との勝負にこだわっている。
そんな事に改めて気づきました。

素敵な美しい滑り、どこをとっても絵になる滑り。
今シーズンも楽しませていただきました。


続いて紀平梨花選手。
SPの悔しさを吹き飛ばせ。
フリーは「A Beautiful Storm」♪
  

  

  
最初の3A‐3Tは素晴らしかった~!
これだけで15.06点ですよ。
次の3Aは転倒・・・軸が曲がってしまいました。

3Aだけでなく他の要素もしっかりできる梨花ちゃん。
だから余計に2本目のアクセルの失敗が残念でした。

濱田コーチには「良かったね」と迎えられて嬉しそう。
チャレンジできたことが良かった。

フリーは152.59点。
フリー順位は2位ですが、やっぱりSPの出遅れと最終グループに入れなかったことが痛かった。
総合得点は223.49点。
結果は4位。
梨花ちゃんもお疲れ様でした。


最終グループの感想ですが、まずはメドベデワ選手。
フリーはピアソラのメドレー♪
  

  

  

  
鬼の形相のガッツポーズがすべてを物語っていました。

この大会に臨むまでのいきさつや今季拠点を変えた事もあり苦しんできたメドベデワ選手。
最後の表情なんて覚悟が違うのがありありと分かります。

個人的にはどっこいしょと跳ぶジャンプや好きじゃないんだけど、3S‐3Loも跳んじゃうし、ね。
2Aは相変わらず苦手そう。

身体を絞って覚悟を持って出たワールドで結果を出したのは凄いです。
そもそも世界女王には2度なっているけど、経験も生きた感じ。

フリーは149.57点。
総合得点は223.80点で表彰台。


画像はありませんが、ベルちゃんの滑りも気持ち良さそうでした。
得点はそれほど伸びませんでしたが、いろいろ大変だったワールドもニコニコ終えられて良かったです。

ウンス選手、フリーはバーレスク♪
衣装は良いけど、私はこのプロが嫌いで多分誰が滑っても苦手な曲なんです。
SPから順位を大きく落としました。


ここで坂本花織選手登場!
緊張気味だけど頑張れ~!
フリーは評判の良い「ピアノレッスン」♪
  

  

  

  

  
演技直後の正直な表情・・・
キスクラで得点を待つ間、ずっとコーチからダメ出しをされていたのか、泣きそうになってる花織ちゃん。
コーチ、追いつめるタイプ?

SP2位から表彰台は狙えるポジションで一つのミスに泣きました。
まさかのフリップ・・・
会場も固まるような空気があり、その後は応援の手拍子が・・・

一つのミスの悔しさを痛感した坂本選手。
その辛そうな表情はこちらも胸が痛くなるけど、ヘラヘラしているような選手じゃないから良し。 (過去にはそんな選手もいましたね)
悔しさを隠せない表情に今後も期待したくなりました。

フリーは145.97点。
総合得点は222.83点で5位でした。
でもPCS獲れるようになりましたね~。


ここでザギトワ選手です。
フリーは「カルメン」♪
  

  

  

  

  

  
昨シーズンのワールドの悔しさを晴らす演技でした。

ジャンプは堪えるシーンもあったけど、彼女にも意地を感じました。
五輪チャンピオンの後に重圧を感じた試合の数々。
ロシアナショナルでの結果も含め、調子を落とすシーズンだったけど最後は違った。

演技そのものはバタバタしているイメージがどうしてもあるけど、高難度のジャンプを畳みかけて得点を重ねる。
まだ彼女に優雅さを求めてはいけないのかもしれない。

フリーは155.42点。
総合得点は237.50点で完全優勝。


最終滑走はカザフスタンのトゥルシンバエワ選手。
フリーは「ブエノスアイレスの秋」♪
  

  

  

  
もしかして金メダルはエテリかもしれない・・・

ツルシンちゃんは何シーズンも前から見ています。
オーサーの元でジュニア体型で淡々と滑る小さな選手のイメージ。
そんな彼女が拠点を変えエテリの元で開花。

とにかく何と言っても冒頭の4Sが凄かった。
ワールド女子史上、初の4回転成功。
後半で2Aがステップアウト、トリプルつけられず。
でも彼女は間違いなく躍進してきました。
表情乏しいイメージの彼女、最後のステップシークエンスでは笑顔になっていましたね。
終わってからのガッツポーズ。

フリーは148.80点。
総合得点は224.76点。
SPとフリーが安定すると最終順位2位になれるのです!
カザフスタン女子初の銀メダル、天国で見ていますか。
おめでとうございます。


最終順位はこちら。


選手それぞれのインタビューでは・・・

「ほんとにやるしかないと思った」
「ほんとに挑戦して良かった」


「一つのミスが命取りだった」
「ミスして悔しい」


「思い切っていけた」
「悔いの残らないように強く臨めて良かった」

確かにメダルに届かなかったのは残念でした。
SPもフリーもしっかり点を獲っていかないと難しいものですね。
ノーミスで揃えるのは大変だけど、ノーミスに近い滑りがとても重要だということ。

とにかく凄い試合を観られて良かったです。
お疲れ様でした。     




この記事についてブログを書く
« 世界フィギュアスケート選手... | トップ | 新元号の発表 »
最新の画像もっと見る

フィギュアスケート」カテゴリの最新記事