gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

内服薬は1回量を記載=処方せんの書き方統一へ-伝達ミスを防止・厚労省(時事通信)

2010-02-09 05:49:29 | 日記
 医師や病院によってまちまちだった処方せんの記載について、厚生労働省の検討会が統一基準をまとめた。分量は1回量を書くことを基本とする。同省は6日までに、病院を所管する自治体や医療関連団体に、検討会の報告書を通知。担当者は「いきなり変えるのは難しいが、できるところから協力してほしい」と話している。
 処方せんは薬剤名や分量、用法などを書くことが定められているが、記載方法は統一されておらず、省略して書かれることも多い。医師が「1日60ミリグラムを3回に分けて」と意図して「60mg、3×」と書いたものが「1回60ミリグラムを1日3回」と誤解されたり、製品化された薬剤の分量と原料成分の分量とを取り違えたりするなど、情報伝達ミスによる誤投与が後を絶たなかった。
 報告書は(1)分量は1回量を基本(2)散剤や液剤の分量は成分量ではなく製剤量を記載(3)用法・用量は日本語で明確に-などの基準を示した。 

<子ども手当>児童養護施設の入所者も対象に 長妻厚労相(毎日新聞)
自民は不祥事から卒業=谷垣氏(時事通信)
旭川雪だるま49体壊された!器物損壊で調査(スポーツ報知)
介護疲れで親殺害、懲役4年=減刑求める嘆願書を「評価」-岐阜地裁(時事通信)
継続使用の可能性も=普天間問題で外相(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« インド洋海自給油 「ましゅ... | トップ | 8億円落下…開発中の無人機、... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事